お酒 禁酒

禁酒中にどうしても飲みたくなったらこの方法を試してみてください~禁酒のコツ紹介~

禁酒で人生が豊かになると信じて禁酒に挑戦している『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

「もう酒を飲まないぞ!」

と誓って禁酒を始めても、数日経てば飲酒欲求が襲ってきて飲みたくなる。。。

禁酒に挑戦すると誰もが経験することだと思います。僕も禁酒に挑戦するたびに飲酒欲求に襲われ、そして何回負けてきたことか。。。

ただ、そんな失敗を重ねる中で今はまったく飲まずに過ごせているのですが、ここへ至るまでにいろいろと飲みたくなったときの対処法を試してきました。

試した中で効果的なものとそうでないものがあったのですが、今回は、僕が実践した飲みたくなったときの対処法の中で最も効果のあった方法を紹介したいと思います。

飲みたい気持ちを紛らわすには

飲みたい気持ちを紛らわすために、食べたり飲んだりするのは効果的です。特に炭酸水のがぶ飲みなどは僕もよく実践しました。あと、本を読んだり、レグテクトという飲酒欲求をおさえる薬を飲んだりするのも、飲みたい気持ちを紛らわすには効果的です。

これらの方法、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

こちらもCHECK

効果的な節酒のコツ5つ紹介します~平日禁酒を実践してわかったお酒を控える方法~

続きを見る

ただ、これらはどちらかというと「とりあえず」の対応です。

やばい。。。飲みたくなってきた。。。とりあえず何かでごまかそう!

みたいな感じです。これが悪いとは言わないのですが、何かでごまかし続けていてもいつかは飲酒欲求に負けてしまいます。なぜなら、ごまかし続けるだけでは「飲みたい」という飲酒欲求がなくならないからです。僕はそれで何度も失敗しました。

なので、禁酒を継続させるには飲酒欲求を根本からなくすような対応が必要になります。

ポイント

とりあえずの対応で紛らわせても飲酒欲求はなくならない

飲んだ未来を想像するのが効果的

ではどうするのかというと、おススメしたい対応方法は「飲んだ未来を想像する」ことです。僕はこの方法がとても有効でした。

具体的には「次の日の朝」を想像します。この記事を読んでくださっている方は何らかの理由があり禁酒に挑戦されていると思います。なので、もし飲んでしまうと次の日の朝に

あー。。。飲んでしまった。。。おれはダメだ。。。

みたいな感じになるのではないでしょうか。個人差はあると思いますが、例外なく飲んだことを後悔するはずです。その後悔する姿をリアルに思い浮かべます。そして、飲みたいと思っている自分に

「飲んでもいいよ。でも、待っている未来はあなたの想像とおり最悪ですよ」

と言う。

これをひたすら繰り返しました。すると、飲みたいという気持ちが和らいでいきました。そしてその日を飲まずに過ごす。また次の日も同じように過ごす。これを積み重ねる。そうすると飲酒欲求はどんどん小さくなっていきます。

ただ、飲んだ次の日の朝を想像しても、飲酒欲求がまったくなくならず

「それでも飲みたい!」

と思ってしまうかもしれません。そういうときは、はじめに紹介した飲みたい気持ちを紛らわす方法と組み合わせるのが有効です。それでもどうしようもない場合は、もう飲んでしまって良いと思っています。まだ脳がお酒にどっぷりつかっている状態なので、この状態で飲酒欲求と戦っても勝てません。

「禁酒のコツを知りたいのに、飲ますのか!」

と思われたかもしれませんが、僕は飲んでしまうのは失敗ではないと思っています。飲んで後悔する経験は完全禁酒(断酒)を成功させるために経験として必要だと思っています。飲んでしまった後に「飲んでしまった。。。」と後悔する。その気持ちをしっかりと覚えておくのです。「なぜ飲んでしまったんだろう」と考えることも重要です。その理由と一緒に後悔した気持ちを覚えておく。

この経験が次の禁酒時、飲酒欲求に襲われたときに飲んだ未来を想像する際に役立ちます。前回飲んでしまったときよりもリアルに次の日の朝を想像できます。こうやっていって飲酒欲求をなくしていきます。僕は何度も禁酒に失敗しましたが、このプロセスを経て現在は飲酒欲求とほぼ戦うことなく禁酒を継続できています。

まだふとしたときに飲酒欲求に襲われることがありますが、その時はすぐに飲んだ未来を想像して飲酒欲求をなくしています。そしてこの方法はどなたにも有効だと思っていますので、是非試していただければと思います。

以上、今回は飲みたくなったときの対処法として「飲んだ未来を想像する」ことを紹介させていただきました。

ポイント

飲みたくなったら飲んでしまった次の日の朝、後悔する姿を想像する!

おわりに

完全禁酒(断酒)を成功させるには根本にある飲酒欲求をなくすことが重要です。今回はその方法として「飲んだ未来を想像する」ことを紹介させていただきました。

禁酒をあきらめてしまうと飲んだことは失敗になってしまうかもしれませんが、禁酒に挑戦し続ける以上、飲んだことは失敗ではなく経験として蓄積されていきますので、一回でうまくいかなくても、二回、三回と試していただきたいです!

ちなみに、僕はこれまで禁酒中に結構飲んでしまってます(^^;

これまでの経験はこちらでまとめておりますので、よろしければご覧になってください。

こちらもCHECK

完全禁酒(断酒)成功の秘訣は失敗から学ぶこと!これまでの禁酒失敗歴を振り返ってみました

続きを見る

最後まで読んでくださりありがとうございました。

※2020/11/21より完全禁酒初めております

こちらもCHECK

アルコール依存者の禁酒日記31〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒
-, ,

© 2021 きんしゅみ