夕方、飲みたくなった時の有効な対処法を紹介します〜職場での飲酒欲求対策〜

夕方になると、

「今日は飲まない!」

と決めていても飲みたくなってしまう方は多いと思います。特に平日の仕事終わりが近づいてくると、帰りに寄る飲み屋や晩酌のメニューなどを考え始める人は多いのではないでしょうか。

僕も昔は夕方になると必ずやってくる飲酒欲求に従い、平日、休日関係なく、欲望のままに飲んでおりました^^;

しかし、現在禁酒に挑戦中で、たまに飲んでしまうのですが、平日は完全に禁酒できております。禁酒関連の記事はこちらでも紹介しております。

社会人1年目の22歳のころから、晩酌の習慣があった自分。おそらく、病気など以外でお酒を3日以上抜いたことはなかったと思います。しかしこの度、5日間の禁酒に成功し(自分的には快挙)、心と体に驚くべき変化があったので、そのお話を紹介したいと思います。
2018年の1月末から4月末まで3ヶ月間の平日禁酒ダイエットに挑戦しました。 結果は3ヶ月で7kgの減量に成功!特に食事制限はせず、平日の晩酌をできるだけ控えました。 平日禁酒、ダイエットに予想以上の効果がありましたので紹介したいと思います。
平日禁酒に挑戦中、いろいろお酒を我慢する(飲酒欲求を抑える)方法を実践してきたのですが、いくつか自分に効果があった方法がありましたので、実際に効果があった節酒方法を5つ紹介させていただきます。 「晩酌がどうしても辞めれずに休肝日が作れない」という方に是非見ていただきたいです。
日々の晩酌…いったいどれくらい時間を無駄にしているんだろう… と考えていたら、これまでこのブログで紹介した休肝日を作るアプローチと違う方法...
アルコール依存者のアラフォーおっさんがお酒とのお別れを決意! お酒からの脱却過程を紹介していこうと思います。

色々と禁酒方法を試していく中で、職場で必ず襲われていた夕方の飲酒欲求について対策を3つ紹介したいと思います。

自分はこの3つの方法で、仕事帰りに飲むことがなくなりました。晩酌もやめれるようになりましたので、職場で終業時間が近づいてくると飲みたくなる人は、是非試してみて下さい!

1.水を飲む(2リットル)

水やソーダ水を飲むというのはこれまでにも紹介してきましたが、職場でオススメしたいのは2リットルの水を買って行き、会社にいる間に飲みきる方法です。

これは元々、禁酒のためというよりはトレーニングジムのインスタラクターさんにダイエットの方法として教えられました。

ネットで見てみると1日2リットル水を飲むことが体に良いかどうか賛否両論あるようですが、間違いなく飲酒欲求対策には有効です。

まず普通に過ごしていたら、職場にいる間に2リットル水を飲むことは不可能です。そんなに喉かわかないですもんね^^;

だから無理してでも飲むのですが、この「無理して飲む」のを夕方が近づく時間から飲むようにします。残業する日は時間をずらして、仕事終わりに飲みきるようにします。

そうすると、飲酒欲求は抑えられます。コツは「飲みたいなぁ」と感じたら必ず水を飲むこと。しかも大量に。そうすると飲酒欲求は抑えられます。

ただ、机に2リットルの水置いとくのなんか恥ずかしいので、僕はいつも机の下に置いてます。

こんな感じで笑

あと、2リットルの水ってコンビニでも100円なので、500mlの水を買うより安いかもしれません。

なので、コスト的にも2リットルの水はおすすめです!

2リットル飲むの、慣れるまではしんどいですが効果はあるので是非試して見てください!

2.深呼吸

これは水ほどではないですが、気持ちを落ち着けるためにたまにやります。

最近はマインドフルネスや瞑想など、自分の呼吸に意識を向けることが大切みたいな教え(ですかね?詳しくないですが^^;)がありますが、深呼吸をゆっくりやると気持ちが落ち着きます。

飲みたくなってそわそわした気分になるときなど有効です。僕は水を飲んだ後にやることが多いです。

時間は1分。僕はいつもアップルウォッチのアプリを使ってやります。アップルウォッチは、たまに「深呼吸しろ!」って言うてきてくれたりもします。こんな感じになります。

ます、自分の呼吸に集中。

大きく息を吸って。

そしてゆっくり吐く。これだけです。このとき目を閉じるとより効果的です。

終わったら心拍数を出してくれます。

もちろん、目を閉じて一分間ゆっくり深呼吸するだけなので、アップルウォッチがなくても大丈夫です。1分なので、仕事中でも全然できます。深呼吸をすると不思議とそわそわした気持ちが落ち着くので、一度試してみてください!

3.手の甲をつねる

梅田かおるさんの『新月の美断酒』という本で紹介されていた方法です。

女性向けけの内容になってますが、男の僕が読んでも勉強になる部分がありました。

内容は、アレン・カーさんの禁酒セラピーと本質的なところで同じです。

「お酒のワナ」「洗脳」「小悪魔」「最後の一杯」

など禁酒セラピーに使われている用語が出てきますし、本の中でも禁酒セラピーの内容を紹介し、著者自身も禁酒セラピーに救われたと言われてます。

これに、瞑想などの要素が加わったイメージです。本ではエッセンスゼロという瞑想を紹介しております。

本で紹介されている瞑想などは実際にやっていないのですが、この中で、

『飲酒欲求を感じたときに手の甲をつねる』

という方法が紹介されてました。これは思考を遮断する効果があるそうです。

実際にやってみると、飲みたい気持ちがなくなる訳ではないですが、

「あ、別に飲む必要ないんやった」

という思考に戻れる感じです。

ただ、この方法は禁酒セラピーやこの本を読んだ後の方が効果は大きいかもしれません。

以上、夕方の飲酒欲求、特に職場で効果のある方法を3つ紹介させていただきました。

おわりに

自分で経験して効果的だった夕方にやってくる飲酒欲求への対処方法を3つ紹介させていただきました。

3つ目は本を読んでないと効果が薄いかもしれませんので、なのでまずは

・水を2リットル飲む
・深呼吸する

の2つを試してみてください。

個人差はあると思いますが、これだけでも効果は出ると思います。この記事を読んでくださった方、一人でも多くの方に効果があれば嬉しいです。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする