電車(在来線)で飲む人について考えてみる

新幹線などでなく、例えば大阪環状線などの在来線で缶ビールなど飲まれている方、たまに見かけます。僕も飲み方が酷かった時代は飲んでました(-_-;)

でもあの姿って、他の乗客の方からすればイメージ悪いですよね…
迷惑かけてしまうこともあるかもしれないし…

僕は在来線で飲まなくなりましたが、飲まなくなってから在来線で飲んでいる方を見かけるといろいろと考えてしまいます…

今回は、そのときに考えたりすることを書きたいと思います。


そもそも、なぜ在来線で飲むのか?

飲まない方からすれば不思議で仕方ないでしょうし、思いは一つではないでしょうか。

『家まで我慢しろよ!』

いや、まったくその通りです(笑)

新幹線などは乗ってる時間が長いですし、何よりお酒を売りに来てくれるので飲んでいても違和感ないし、出張帰りの楽しみにしている方も多いと思います。

でも、在来線はどうでしょう。

毎日の仕事帰りです。人によるでしょうが、毎日の通勤電車なので乗っている時間も長くはないはずです。なので、

『我慢しろよ!』

と思われる気持ちはごもっとも。

では、なぜ飲むのか?

答えは簡単です。我慢できないから(笑)

これにつきます。そして、僕は専門家ではないのですが、在来線に乗っている短い時間であってもお酒を我慢できないということは、アルコール依存症の可能性が極めて高いと思うのです。なので短絡的かもしれませんが、在来線で飲まれている方はアルコール依存症ではないかと思うわけです。

実は申し訳ないと思っている

これは僕もそうだったのですが、在来線で飲む人の多くは、周りに申し訳ないという後ろめたさがあるように思います。

堂々とつまみを出してワンカップを煽る強者も稀にいますが、多くの方がお酒を隠すようにして飲んでいるように思えます。周りに申し訳ないと思いながらも我慢できない。

これだけ見ても立派なアルコール依存症のように思います。

飲む理由は人によって様々あるでしょう。

・家に帰ったら飲めない
・電車で飲むお酒が好き
・禁止されていないからルール違反じゃない

他にもあるかもしれませんね。でも、どんな理由で飲んでいたとしても、在来線で飲んでいる人のほとんどが心のどこかに

『申し訳ない…』

という気持ちを持っているように思うのです。
※もちろん、悪気が微塵もない強者もいるとは思いますが(^^;

客観的に見てみる

僕も在来線で飲んでいた時期がありましたが、やめようと思ったきっかけは、自分が素面のときに在来線で隠れるようにして飲んでいる人を見たことです。

在来線で飲む人を見ることは何度かありましたが、その人は空いている車内で電車のはしに隠れるように立ち、ビニール袋で隠しながらビールを飲んでいました。

気持ちはわかります。自分もお酒を隠していたし、その人にも恥ずかしさがあるのだろうと思います。
でも、そのとき思ったんです。

カッコ悪い…

と。

いや、自分も飲んでるクセにひどい話ですが、本当にカッコ悪かったし、みじめに見えました。そのとき、

飲んでいる自分も周りからはああ見えているんだ…

と思ったんです。それをきっかけに、

あんなみじめな飲み方やめよう

と思えるようになりました。

在来線で飲んでいる人って、それだけで凄くマイナスなイメージですよね。同じことをしてた人間でもそう思うのだから、多くの車内で飲まない人が抱く悪い印象は測り知れないです。

例えば、バリバリに仕事できて会社で尊敬されている人が在来線で飲んでいるところを目撃されたとすると、一気にマイナスなイメージがつき、その後、その人を見る周りの目が変わる気がします。

まあ、そういう人はそんなことしないかもしれませんが、だれが見てもスマートでカッコいい人でも、在来線で飲んでるときは果てしなくカッコ悪く見えるような気がするのです。

在来線飲酒はやめるべき

いろいろ考えた結果、結論はやっぱり在来線飲酒はやめるべきだと思います。お酒を楽しむことをやめる必要はないと思うのですが、酒飲みの暗黙のルールとして、

人に迷惑をかけない飲み方をするべき

というのが根本にあると思うのです。

「おれ、電車の端で立って一人で飲んでるから迷惑かけてない」

そういう意見もあるかもしれません。でも、お酒の匂いは広がってしまいますし、何より、見た人が不快になるならそれはもう迷惑をかけていることになると思うんです。

これは、

『飲に会で飲みすぎて潰れてしまって迷惑をかけた』

みたいなものと根本的に違うと思います。僕も飲み会などで人様に迷惑をかけたことは多々ありますが、飲むこと自体は許される場での話です。なので、飲んでいる行為自体は迷惑でない。(結果、迷惑をかけてますが…)

でも在来線で飲むのは、その行為自体が迷惑だと思うのです。確かに、在来線での飲酒は禁止されているわけではありませんが、周りの人がその行為によって嫌な思いをするなら、それはやってはいけないことだと思うのです。

お酒を楽しむのはぜんぜんいいと思うのですが、人に迷惑をかけ、人から白い目で見られる飲み方はやっぱりするべきではないと、在来線で飲む人をみると強く思います。


おわりに

今回は在来線で飲む人について書いてみました。自分も同じ飲み方してたくせに、えらそうですみません(-_-;)

でも書いたように、やっぱり在来線飲酒はやめるべきだと思います。白い目で見られながら飲んだって、楽しくないですよね。

最近は在来線で飲まないどころか平日禁酒も頑張っていて週に3〜4日休肝日を作れているのですが、飲まない日を増やすとお酒についていろいろと考えれるようになりました。
※平日禁酒の記事はこちら

社会人1年目の22歳のころから、晩酌の習慣があった自分。おそらく、病気など以外でお酒を3日以上抜いたことはなかったと思います。しかしこの度、5日間の禁酒に成功し(自分的には快挙)、心と体に驚くべき変化があったので、そのお話を紹介したいと思います。
2018年の1月末から4月末まで3ヶ月間の平日禁酒ダイエットに挑戦しました。 結果は3ヶ月で7kgの減量に成功!特に食事制限はせず、平日の晩酌をできるだけ控えました。 平日禁酒、ダイエットに予想以上の効果がありましたので紹介したいと思います。
平日禁酒に挑戦中、いろいろお酒を我慢する(飲酒欲求を抑える)方法を実践してきたのですが、いくつか自分に効果があった方法がありましたので、実際に効果があった節酒方法を5つ紹介させていただきます。 「晩酌がどうしても辞めれずに休肝日が作れない」という方に是非見ていただきたいです。

また、お酒について考えなど記事にしようと思います。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする