台風21号の爪痕~いつも走るランニングコース(大阪港、天保山)の被害が甚大でした~

2018年9月4日(火)、近畿を直撃した台風21号。

この台風、今まで経験した台風の中で一番凄かったです。台風で怖いと思ったのは初めてでした。

正直、これまで台風が近畿を直撃しても、生まれ育った大阪はそれほど大きな被害を受けてないという印象で(僕が生まれる以前は凄いのあったそうですが)、僕自身もニュースで被害を見ながら

(大変だなぁ)

と、どこか対岸の火事みたいに感じているところがありました。

ところが、今回の台風21号は本気で凄くて、大阪に多大な被害をもたらしました。自分の住んでいる大阪市港区も結構な被害が出ました。地元がこんな姿になるのは想像してませんでした。

今回の台風を忘れないためにも、この記事で自分の確認できた被害を残しておこうと思います。


台風21号

『非常に強い』勢力のまま、9/2(火)に四国、近畿を直撃した台風で、気象庁によりますと『今年最強レベルの台風』とのことでした。

『非常に強い』勢力のまま上陸するのも25年振りとのことで、ニュースなどで何度も警戒を強めるよう報道されておりました。

ただ、そんなニュースを見ても僕はどこかで

(どうせいつもと同じで大したことないんやろ)

と思っていました。

ちょっと雨風が強くなって、知らない間に通過している。というのが僕の持っていた台風のイメージです。しかし、今回の台風21号でそのイメージが間違いであることを痛感しました…

風で揺れる家、わけのわからない音

この日は電車が午前11時には運転を取りやめるということだったので、会社は休みでした。

『絶対に家から出ないように』

とニュースで繰り返し報道されていたので、家にはいるようにしました。すると、昼過ぎくらいから風が強くなり、雨が降り始めました。

(あーきたきた。こんな感じでいつもダラダラ続くもんなぁ)

と思っていたのですが、13時過ぎたくらいから今までにないような雨風になり、いつもの感じではなくなってきました。そしてどんどん雨風が強くなり、14時前になると今まで経験したことのないような状態になります。

まず、家が揺れ出しました。(え?地震?)と思ったのですが、違いました。あまりの強風に家が揺れていたのです。僕は海沿いのマンションに住んでいるので普段から結構風が強いのですが、その立地条件も手伝ってか、強風が容赦なく家を揺らしました。

そして、部屋の電気が点いたり消えたりを繰り返し始めます。ホラー映画などでしかそういうの見たことなかったのですが、台風がもたらしたその現象はホラー映画よりも恐怖でした。

音も凄かったです。

「グォー!!」

と窓の隙間から、何かのエンジン音か?と思うくらいの音が聞こえ続けました。

揺れ、電気の点滅、今までに聞いたことのない音…これらを経験して、初めて台風で怖いと思いました。

(もう、早くどっかにいってくれ)

と思っていたのですが、ベランダに観葉植物を置いてたのを思い出しました。この観葉植物、僕の身長よりも大きくて重たいので飛ばされることはないと思って、ベランダの角へ置いたままだったんです。急いで確認しにいくと、ベランダの端に打ちつけられて、凄い風によって飛ばされそうになってました。

(こんなのが落ちたら危ない)

そう思って観葉植物を部屋へ入れようとしたのですが、ベランダへ繋がるガラス戸が開かないんです。凄い風で、凄い力に抑えつけられている感じです。結局、観葉植物は外とは反対側のガラス戸に打ちつけられ横倒しになったのでマンションの下へ落ちることはなかったのですが、落ちていたらと思うとぞっとします。

結局ガラス戸は開かなかったのですが、今思うと、開けていればどうなっていたか…今まで体験したことのない強風が部屋を暴れ回って、部屋がぐちゃぐちゃになっていたと思います。

開けなくて、いや、開かなくてよかったです。

15時くらいでだいぶ雨風がましになって台風が去った感がありましたが、点いたり消えたりしていた電気やテレビも完全に消えて、停電になってました。そして、水道から水も出なくなってました。

台風21号の爪痕

台風が去ったあと、まずベランダへ出てみました。木くずやごみなどいろんなものが飛んできてましたが、まずびっくりしたのは船でした。

マンションのベランダから大阪港が見えるのですが、大阪港に繋がる川にいつもキレイに並んでいる船が様々な方向に流されていました。

この写真ではわかりにくいですが、船をつなぐ紐など、ほどけるか切れるかしているように見えました。

この酷い状況をベランダから見て、思いました。

(いつも走るランニングコース大丈夫やろうか…)

と。

僕は趣味で走ったりするのですが、家から大阪港、海遊館、天保山の方まで走って帰るコースをお気に入りのコースにしてます。海沿いのコース、景色がキレイなので走っていて気持ち良いのですが、そのコースがどうなっているのかが気になりました。

そして、雨風が収まった夕方、走りに行くことにしました。

想像以上だったランニングコース【大阪港、天保山】

確認の為に走ったのは、大阪港までいき、天保山を回るコースです。↓の感じです。

まずマンションを出て驚きました。

気が倒れてました。大きな木です。こんなの普通倒れません。大阪港まで約3kmの道を急ぎます。途中、信号も消えてました。

近所の信号、ほぼ消えてました。車も慎重な運転が目立ちました。あさっての方向を向いている信号も多かったです。

大阪港につきましたが、いつもの海へ繋がる道が封鎖されてて入れません。どうしても海が気になったので海遊館の方まで周り、海遊館横の抜け道から海方面へ進みました。

写真の奥に見えるのが海遊館です。いつも走る道、思った以上にひどかったです。普段はキレイな地面が無残な姿になってました。大阪港からUSJへ行く船、キャプテンラインもダメでした。

さらに海の方へ進みます。いつもなだらかな坂道が…

ベンチの前、いつもはなだらかな坂道なんです。

見事に穴が開いたようになってます。

そして、中央突堤と呼ばれる海を一望できるポイントに出ると…

いろんなごみがあり、普段水がないところも水浸しになってました。木のタイルもはがれてました。きっと先程封鎖になっていたポイントの手前まで海の水がきていたんだと思います。

帰りに天保山マーケットプレイスへ寄ってみました。

海遊館の反対側になります。こちらもいろんなものが倒れておりました。

これらを見て、本当に今回の台風がいかに凄かったかを思い知らされました。

走って見て回るうちに夜になったので帰ったのですが、マンションの近くにいって思い出しました。

そういえば、停電やった。。。

あたりは真っ暗。のんきに走ってる場合ではなかったです。。。^^;

  

非常電源でエレベーターが一基だけ動いていたのですが、真っ暗なエレベーター、下手なホラー映画より怖かったです。

 

大阪市港区は停電、断水など多かったですが、となりの西区にある実家は無事だったので、この日は実家に避難させていただきました。

今回の台風21号でいろいろと学ばせていただきました。

この経験を生かして、次からはしっかりと台風に対する備えを怠らないでおこうと誓いました。

大好きな港区が一日も早く元の姿に戻りますように。


おわりに

まさか台風で家が揺れて停電、断水になるとは考えもしませんでした。

今回は関西空港でも連絡橋に船が突っ込んだり、神戸でもコンテナで大規模な火災が起きたりと各地の被害も凄く、これまで台風に対して意識の低かった方(僕もですが)の考え方も変わったのではないかと思います。

幸い台風は地震と違い到達する日時が早めにわかるので、備えるのに十分な時間があります。

今回、なんの準備もせずに怖い思いをしましたので、次からはしっかりと時間をかけて備えたいと思います。

大好きな港区が一日も早く元の姿に戻る事を願っております。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする