平日禁酒日記

お酒でスイッチをオフにしよう〜平日禁酒日記〜

平日禁酒で酒を楽しむ、『平日禁酒ブロガーさかもと』と申します。

1年間の禁酒後、平日禁酒でお酒を楽しめるようになりましたので、飲んでない日は日記をつらつら書こうかと思います。

今回は、「お酒でスイッチをオフにする」ということについて書いてみたいと思います。

お酒でスイッチをオフにしよう

この記事を書いているのが火曜日なのですが、昨日の月曜日、平日にも関わらず妻とお寿司を食べに行き、そのお店で飲みました。

お寿司、とっても美味しかったです。

平日禁酒を目標にしているのですが、忘年会など飲み会の約束があれば飲むことにしています。昨日の月曜日は、妻とちょっといいお寿司を食べに行こうと約束していたので、飲むのは予定通りでした。

現在の仕事がフリーランスエンジニアなので、たまに平日休んだりします。平日休むと、いろんなところが空いてるので^^

というわけで昨日は予定通りの飲酒なのですが、僕はお酒をスイッチオフの感覚で使うようにしてます。

普段の平日、飲まないのは他にやりたいことがあるからです。その時間の確保のために飲みません。

やりたいことには趣味も含むのですが、ブログであったり、シナリオを書いたり、プログラミングの勉強をしたりと仕事の要素もありますので、基本的には仕事のスイッチを入れたままにしておきたいです。

だから、飲まずにスイッチを切りません。

そして週末。

週末も仕事をすることが多いのですが、区切りの良いところまで進めれたら飲んでスイッチをオフにします。

この、スイッチをオフにするときのお酒は美味しいと感じます。

今週も頑張ったなぁと思える瞬間です。

週末に飲んだとき、オンとオフの切り替えは大切だなぁと感じます。人によって切り替えスイッチはいろいろあると思うのですが、僕はお酒で切り替えるようになりました。

なので、昨日の月曜日は仕事も休みでオフにすると決めていたので、オフにしました。

このような感じでやってますので、必ずしも

「平日禁酒=月〜金禁酒」

で守れているわけではありません。でも、それでうまく回っているので僕は良しとしてます。

前にもどこかの記事で書きましたが、禁酒を始めた理由を達成できていれば、禁酒の頻度はその人によって決めればよいと思っています。

僕が禁酒を始めた理由は、趣味や仕事(副業)をする時間がほしかったからと、肝臓の数値が悪くなっていたからです。

昔は毎日、浴びるように飲んでおりました。。。

禁酒を始めた当初は、

「僕のように毎日深酒してるようなヤツは完全に酒を断つしかない」

と思っていましたし、アルコール外来でも断酒を勧められたので1年間断酒しました。

その後飲んでしまったのですが、元のような飲み方に戻らず平日禁酒を継続できてます。そして、その時に気づいたのがこの記事で書いている、スイッチをオフにするという感覚でした。

僕の場合、ちょうどいいペースが週末にスイッチを切ることなので、平日禁酒(平日スイッチ切ることもありますが笑)にしてます。

ですのでその人のペースに合わせて、無理のないように、スイッチをオフにする手段としてお酒を使うのがとてもオススメです。

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと@平日禁酒

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。 毎日浴びるように飲んでいたが、将来を考え禁酒に挑戦する。1年の禁酒に成功後、週末だけは酒を解禁し、平日禁酒で酒を楽しめるようになる。その後、すこぶる順調な毎日を過ごせている。※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-平日禁酒日記