お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記141〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して287日目。

禁酒はドラクエの「幸せの靴」と同じかもしれません。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記140〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記141

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒287日目。

ここ最近、禁酒の成功で自信が持てるようになっていると感じることが多いが、ふと、「これって、ドラクエであった幸せの靴みたいなものかも」と思った。幸せの靴とは、普通ならモンスターを倒して得る経験値を、履いて歩くだけで得れるという夢のようなアイテムだ。これを履いてただ歩いているだけで経験値がたまっていくので、歩ければ歩くほどレベルが上がっていく。

禁酒も同じかもしれない。禁酒を続けていくと1日、1日と禁酒レベルが上がっていく。そして、ある程度のレベルになると「お酒はいらない」と思えるようになり、最終的には「酒?忘れてたわ」という感じで酒を意識の外へ飛ばせるようになると思っている。今僕は「お酒はいらない」と思えるレベルだが、まだお酒に関して無関心にはなれていないので、さらなるレベルアップが必要と思っている。

禁酒レベルがドラクエと違うのは、たまっている経験値が見えないので自分のレベルがわからないことと、「レベル〇になればお酒がいらなくなる」と定量的に示せないことだと思う。そこにはどうしても個人差が出てくる。ただ、飲まない日を積み重ねていくと確実にレベルは上がっていく。しかし、自分のレベルがわからないのと「このレベルになればお酒がいらなくなる」と明確な指標もないので、途中で飲んでしまうのだ。

これはとてももったいない。だから禁酒中は、「昨日よりはレベルが上がっている」と毎日思うことが重要だ。禁酒の変化はすぐにはわからないので、自分で「成長している」と意識することが重要だ。特に禁酒開始後は数日で飲みたくなるだろう。しかしこれは酒から離れていけているサインなので、レベルアップしていけているサインでもある。そして個人差はあるが、禁酒を続けていると「お酒はいらない」と思える日が必ずくる。僕も酒を意識の外に飛ばせるレベルまで成長できるように、「今日も昨日よりはレベルが上がっている」と意識するようにしている。

今後も毎日、「自分のレベルは上がっている」と意識するようにしていきたい。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記142〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-