お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記134〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して278日目。

コロナワクチン接種してきました。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記133〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記134

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒278日目。

昨日、1回目のコロナワクチンを接種した。

接種前に「何か質問があれば聞いてください」とのことだったので運動してよいか聞いたのだが、「できれば控えてください」とのことだった。僕は毎日運動することを習慣にできつつあるので、「〇日は控えてください」と定量的な表現で伝えてほしかったのだが、はっきりした期間はわからないそうだ。まあ、ワクチンの副作用にも個人差があるようなので期間をはっきり示すのは難しいのかもしれない。

僕が気になったのは運動についてだったが、「お酒を飲んでもよいですか?」と聞いている人もいた。その人は「少量なら良いですが過度の飲酒は控えてください」と言われていた。

僕は聞きながらそれは難しいのではないかなぁと思っていた。なぜなら、少量のお酒でやめれる人がそんな質問をしないだろうと思うからだ。その質問をする人は間違いなく酒好きだと思う。僕も飲んでいたころなら真っ先に気になる項目だ。なので、その人はお酒を飲みすぎた可能性が高いと思うが、ワクチンと飲酒に因果関係がなく、何もないことを願っている。

しかし今さらだが、お酒のことがまったく気にならなくなったことに驚きだ。僕も昔ならお酒について質問をしていただろうに、今はまっさきに運動について質問している。そして、「運動控えないとダメなのかぁ」と残念な気持ちになっている。酒をやめて本当に健康的になった。

これからさらに健康的になっていきたいと思う。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記135〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-