お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記117〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して258日目。

猫が誘拐される夢をみました笑

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記116〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記117

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒258日目。

凄く変な夢を見た。猫を飼っているのだが、その猫が人質(いや、猫質か…)にとられ、

「返してほしければ酒を飲め」

と言われる夢だった。今日で禁酒258日目。自身の最長記録を更新中でこの先も飲む予定はなかったが、可愛い猫のためだ。飲む以外に選択肢はない…

(ここまで頑張ったけど仕方ない、飲むか…)

と酒を手に取り飲もうとしたところで目が覚めた。

まず夢でよかったと安堵した。そして、猫も横で幸せそうな顔をして寝ていた。普通に考えれば、猫を引き渡す見返りが僕に酒を飲ませるなどおかしすぎる。犯人になんのメリットもない。さすが夢なのだが、なぜこんな夢を見たのだろうか。
夢について知識がないのでよくわからないが、もしかすると飲まなくなって自分でも知らないうちにプレッシャーを感じているのかもしれない。直接なにかを言われたわけではないが、

「あいつ飲まなくなっておもんなくなったよなー」

とか言われているんだろうなぁとは思う。別にどう思われようが関係ないと思っていたが、もしかするとそれがどこかでプレッシャーになっていたのだろうか…まあ、あまり気にしないでおこう…いや!夢は暗示だということも聞いたことがある。ということは、猫がさらわれてしまうのか…うちの猫は猫のくせに人懐っこく初対面の人にもついて回る。さらおうと思えば2秒でさらえる。

気を付けないといけない。最近フラッといなくなるので、行先に注意しておこう。でも、もしさらわれてしまったら…そのときは酒を飲んで返してもらおうと思う笑

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記118〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-