お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記108〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して248日目。

4連休が終わりました。でも、仕事頑張ろう!って気になれています。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記107〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記108

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒248日目。

オリンピックのおかげで調整された祝日によってできた4連休が終わった。特にどこへも行かず家で妻や息子とオリンピックを見たり、いただいたシナリオのお仕事をしたり、まったりと過ごした。

かつてならこういう過ごし方をするときは間違いなく酒だった。昼からどころか朝から飲んでいたと思う。夕方にはぐでんぐでんになるので夜の記憶があいまいになる。そして翌朝二日酔いで目覚めると、書いた記憶のないわけのなわらない投稿をSNSにしていたりして

(なんでこんなこと書くねん・・・)

と朝から後悔しながらも、また飲み始める。そして、繰り返す・・・これを四日続けるのである。こうやって書くと、貴重な時間を捨てているのがよくわかる。今回の4連休はどこにも行かなかったが、生後約半年になる息子がたくさん笑ってくれた。それだけで凄く癒されたし、この子のためにももっと仕事を頑張ろうと思えた。

飲んで時間を捨てていたころ、連休明けは仕事に行くのが嫌で仕方がなかった。

(なんで連休終わるねん・・・なんで仕事いかなあかんねん・・・)

と自分勝手極まりない怒りがこみあげてきていた。しかし、4連休は終わった朝、すがすがしい気分で目覚め、よし!今日からまた頑張ろう!と思えている。酒が体からなくなると、こうも違うものかと実感する。

特に仕事内容が変わったわけではないが、連休明けの朝にこんな気持ちになれているのは間違いなく禁酒のおかげだ。この気持ちの変化だけでも、禁酒してよかったと心から思える。これからも継続していきたいと思う。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記109〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-