お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記95〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して231日目。

微アルコールって、必要ですかね。。。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記94〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記95

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒231日目。

先日、コンビニで微アルコール飲料なるものを見つけた。見つけたとき、新しいノンアルコールかと思い手を伸ばしそうになったのだが、よく見ると『微アルコール』だった。それを見て瞬時に「これは、なんのために存在するのだ?」と疑問を持ってしまった。アルコール度数は0.5%。ほんとにこれ、なんなのだろう。。。

お酒を飲まない人や休刊日の人はノンアルを選ぶ。そして普通に飲みたい人はビールを飲むはずだ。この『微アルコール』の位置づけはなんなのだろうか。一つ思いついたのは、酒をやめたての人を引き戻すための戦略ではないかということ。酒をやめてまだ間もないころは飲酒欲求がきつい。

そんなときにこの『微アルコール』なるものを見てしまうと、「このくらいのアルコールならいいか」となってしまわないだろうか。そして、飲んでしまうと少量といえどもアルコールなので、もっと飲みたいとなる。結果、お酒地獄に引き戻される。

そう考えると、この『微アルコール』は酒離れさせないための飲み物だといえる。ということは、禁酒を決意した人(特に初期の人)にとっては悪魔のような飲み物ではないだろうか。

もちろん勝手な想像だし、メーカーの開発意図とは違うかもしれないが、僕の乏しい想像力では、この『微アルコール』は酒離れさせないための飲み物としか思えない。禁酒初期の人は気をつけてほしい。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記96〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-