お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記89〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して220日目。

酒を飲んでいる人はそれだけで伸びしろがあると思うのです。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記88〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記89

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒220日目。

酒のない生活が当たり前になってきて、飲んでたころに比べるといろんなところでパフォーマンスが上がっている。

自分のパフォーマンスが上がった最近特に思うようになったのだが、毎日酒を飲んでいる人は飲んでいないひとに比べてアドバンテージがあると思う。もし毎日酒を飲んでいる人が酒をやめると、それだけでその人のあらゆる能力が解放される。僕もそうだったが、これは僕に限った話でなく、酒によって制限されている能力が解放されるのは全員同じだと思う。

毎日酒を飲んでいるのは、足にめちゃくちゃ重たい足枷をつけて生活しているようなものだと思う。だからその足枷をつけている分、飲んでいない人よりもアドバンテージがある。新しいなにかを始めるのでなく、酒をやめるだけ。これだけで足枷を外せる。もともと足枷をつけていない(飲んでいない)人が自分のレベルを上げようと思った場合、能力を伸ばすか、何かしらの新しい能力をみにつけるかなど、新たに何かをしないといけない。しかし、飲んでいる人は酒をやめるだけでよい。

これは大きなアドバンテージだと僕は思う。そして、酒をやめるとその人に良い変化が起こるのは間違いないのだが、その変化は人それぞれだ。思った以上に効果がある人もいるだろう。やることは『酒をやめる』これだけだ。

毎日酒を飲んでいるということが足枷をつけて生活しているということだと気づけた人から、足枷をはずすことができる。そして足枷をはずした生活は、本当に素晴らしい。

さっさとお酒なんてやめてしまおう。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記90〜酒からの脱却〜

続きを見る

 

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-