お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記53〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して115日目。

今年一発目のライブをさせていただきました!

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記52〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記53

2020年11月21日に禁酒を再開し、115日目。

今年一発目のライブを高槻のSHOさんでやらせていただいた。初めで演奏するライブハウスだったが、とても雰囲気がよく、気持ちよく演奏させていただけた。

さて、飲んでいたころにライブといえば酒なしではとても考えられなかった。演奏前はおさえながら飲み、演奏後は浴びるように飲む。そして、もちろん次の日は二日酔い。その二日酔いも含めてライブだったのだ。

しかし今回、演奏前はおろか、演奏後も飲まず、打ち上げでもまったく飲まなかった。一緒にやってきたバンドメンバーに「今回の禁酒はすごいな」と驚かれたくらいだ。確かに、これまでなら酒なしでライブを楽しむなど考えられなかった。自分の演奏が終わってプレッシャーから解放されたら、まずは酒であった。それが当然だと思っていたし、そうしないと楽しめないと思っていた。

しかし、実際は脳がそう錯覚していただけだ。そもそも、音楽自体はそれだけで楽しいものだし、飲まずにクリアな状態でいた方が他の方の演奏もよく聞こえる。もちろん、自分の演奏もシラフの方がパフォーマンスも上がる。

今回で酒なしの方がライブを楽しめるということがよくわかったので、これからは酒なしでライブを楽しんでいきたいと思う。

禁酒115日目

禁酒再開後初めてのライブでしたが、無事、飲まずに楽しむことができました。

あと、これは気のせいかもしれないですが、酒飲んだ方がよく声が出る気がします。いつもより歌えたような。。。まあ、たまたま調子よかっただけかもしれませんが、なんでもかんでも禁酒のおかげと思ってしまうようになってる^^;

まったくどうでもよい話ですが、以下、昨日のセットリストです。

1.jaunty step(オリジナル)
2.ガソリンの揺れ方(blankly jet city)
3.Get up lucy(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)
4.猿の学生(ハヌマーン)
5.夏の面影(WANIMA)
6.サンクス(WANIMA)

メンバーの好きな曲をやるので統一性がありません。。。

でもやっていて楽しいので今後もいろんな曲にチャレンジしていきたいです。もちろん、飲まずに!!

おわりに

今回はライブを酒なしで楽しめた話を紹介しました。飲んでたころだと考えられなかった。。。

「ライブには酒が必要」

上が幻想であったことがはっきりとわかりました。これからもいろんなことを酒なしで楽しんでいきたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記54〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-, , , ,