お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記38〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

苦しみながらも成功に向かって進んでいる禁酒、6度目の挑戦32日目です。

聞こえなかった音が聞こえるようになってきました。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記37〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記38

11月21日に禁酒を再開し、32日目。1ヶ月を超えた。これまでにも一ヶ月の禁酒経験はあるので一ヶ月酒を飲んでいないことに対しては特になんとも思わないが、体と気持ちの変化には毎回びっくりする。たった一ヶ月でも酒をやめることによる変化は大きいので、つくづく酒の影響力は凄いと思う。

今回、これまでの禁酒と大きく違うのは周りの環境だ。『コロナウイルス』により、これまでにないくらい生活が抑制されている。忘年会、新年会は軒並み中止、会社にすらまともに行けない。

そんな環境なので2020年は趣味の音楽活動も思うようにできず、ライブは一回しかできなかった。悲しいかぎりだ。ただ、悲観していても状況がかわるわけではないので、バンド練習ができなくなってから、一人でアコースティックギターを練習することが多くなった。バンド練習ではどうしても人が集まる必要があるが、アコースティックギターなら一人で家にこもって練習できる。

これまでもソロギターをされる方の演奏を見て「かっこいいなぁ」と思うことはあったが、ちゃんと練習したことはなかった。今回いい機会だと思い、youtubeのレッスン動画などを見て練習を始めたのだが、やはり難しい。でも、めちゃくちゃ面白い。

これまでもプロの方のソロギターを聞くことがあったが、しっかり聞くといろんな音が聞こえる。リズムを出すためのゴーストノートやブラッシングなど、本当しっかりと弾かれているし、ちゃんと聞こえる。そしてこれはアコースティックギターに限った話ではなく、普段聞くロックやジャズでも同じことだ。

自分がこれまでコピーした曲の中にも当然このような要素のある曲はあったが、(まあ別に聞こえへんしええか)とさぼっていた。なので、このあたりの細かいスキルが自分にはない。

それでも何とか聞けるレベルになっていたのは、バンドだからだ。ドラムやベースがしっかりとリズムを出してくれるので何とかなる。しかし、ソロギターだとそうはいない。そして、この「リズムを出す」というのがとても大事だ。聞こえ方が全然変わってくる。

これまでこういった音が聞こえていなかったのは、意識して聞いていなかったからではなく、酒で頭が鈍っていたからではないだろうか。今、そんなことを本気で思っている。

例えば今、スーパーなんかに買い物にいくと、店内で流れている音楽のベースの音がよく聞こえる。過去に自作の曲を自分で録音した演奏を今聞くと、ギターで弾くコードが気持ち悪い。リズムが気持ち悪い。というか、リズムが出ていない。もちろんギターが下手なのは言うまでもないが、上手い下手以前にリズムが悪い。録音なのだから取り直せばいいのだが、当時は「まあこれでええか」としてたのだろう。今、酒が抜けてクリアになった頭で聞くと、まったくこれでよくない。気持ち悪いので、しっかりとスキルを身につけてから録り直そうと思う。

酒が抜けてくると音の聞こえ方まで変わるのかもしれない。

禁酒32日目

禁酒一ヶ月を超えました。やはり、禁酒のメリットはたった一ヶ月でも凄いです。禁酒一ヶ月のメリットについてはこちらでまとめています。

こちらもCHECK

効果絶大!禁酒一ヶ月で実感できたメリットを紹介します

続きを見る

上にも書きましたが、最近、音の聞こえ方が変わってきています。趣味で音楽をやっているのでこれまでもいろんな曲を聞いてきたのですが、改めて聞き直すと「こんな音入ってたんや」と思うところがたくさんあります。

しかし今更ですが、今のYoutubeレッスン動画は凄いですね。本当に勉強になる。最近はこーじゅんさんやRyuzoさんの動画で練習させてもらっていますが、無料なのが信じられないくらい素晴らしい内容のレッスン動画です。お二人が上手すぎるのでデモ演奏を見ると気持ちが折れそうになりますが、酒を飲まなくなったおかげで時間はあるので、少しづつ頑張っていきたいと思います。

おわりに

今回は音の聞こえ方が変わってきたお話を紹介させていただきました。もしかすると、本当に音の聞こえ方と酒に因果があるんじゃないかな。。。

酒をやめたおかげでまた新たな発見ができたので、今度お酒と音について本気で調べてみようかなと思っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記39〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-, , , ,

© 2021 きんしゅみ