お酒 禁酒 禁酒の効果

禁酒一週間でも効果は凄い!一週間で実感できたメリットを紹介します

禁酒で人生が豊かになると信じ、苦しみながらも禁酒に挑戦している『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

2020年11月21日から禁酒を始め、この記事を書いている11/30で10日目。これまで幾度となく禁酒に挑戦してきているので一週間以上の禁酒は何度も経験しているのですが、一週間だけでも確実にメリットはあります。

今回は禁酒一週間で実感できたメリットについて書きたいと思います。

禁酒一週間で実感できたメリット

細かいことを書くといろいろとあるのですが、実感として大きいのは以下4つです。

  1. 若返る(特に顔)
  2. 痩せる
  3. 目覚めがよくなる
  4. 便通の改善

個人差はあるかもしれませんが、僕は上記のすべてを一週間で実感できています。では、一つづつ見ていきます。

顔が若返る

まずこれです。特に酒浸りの生活を送っていた人ほど顕著に効果が出ると思います。飲酒は老化を促進させる(正確には老化を促進させる糖化を促進させる)と言われていますが、確かに、飲んでいると老けていく気がします。僕も浴びるように飲んでいたころ、二日酔いの朝の顔はまるで

おれ、おじいちゃんか。。。

と自分で思うくらいひどい顔になってました笑

むくみなどもあるので夕方になるとましにはなってくるのですが、それでも酒の残っている顔はくたびれています。奥さんはそんな僕の顔を携帯で撮って「飲んだらこんな顔やで」とよく写真を見せてくれました。元の顔がそんなによくない上に酒が入っているので、まあひどい顔です(^^;

そんなだらしのない顔が、酒をやめると若返ります。一気に若返るというようなことではないのですが、一週間で顔のくたびた感じはなくなります。あと、習慣的にお酒を飲む人の顔は基本的にむくんでいることが多いと思いますが、そのむくみがとれて顔が引き締まります。

結果、顔が若返ったような印象になります。これは一週間で十分に実感できると思います。もし、酒が残った状態のくたびれた顔の写真があれば、禁酒一週間後の自分と比べてみるのもいいかと思います。個人差はあるかもしれませんが、シュッとしている顔を実感できると思います。

ポイント

禁酒一週間で顔の若返りが実感できる!

痩せる

正確には「痩せる準備ができる」感覚です。

「禁酒をするとおつまみや締めのラーメンなどを食べる機会がなくなるので痩せる」

という記事をよく目にしますし事実だと思うのですが、僕はそれよりも、基礎代謝が上がる方が効果として大きいと思います。

基礎代謝アップにはまず筋トレというのは通説ですが、肝機能の向上も基礎代謝アップに有効と科学的に証明されています。また、肝機能の向上と直接の因果があるかはわからないのですが、酒をやめると、うまく言えないのですが体が「やる気」になります。なんというか動きたがる感覚です。ですので僕の場合、禁酒期間中はジムにいく回数も増えるのですが、運動量も増えて基礎代謝もアップしているので、必然的に痩せていきます。

この「体が動きたがる感覚」が一週間でやってきます。いや、もっと早くにやってくるかもしれません。(僕の場合は三日くらいでやってきました)

運動の習慣がなかった人がいきなりジムに行くのは厳しいかもしれませんが、一週間経つと体を動かすことに対して気持ちは前向きになっていると思いますので、散歩からでも始めることをおすすめ致します。続けていくと、確実に体は変わっていきます。

ポイント

禁酒一週間で体に力がみなぎってくる!

目覚めがよくなる

まず、寝室でちゃんと寝るようになります笑

僕は飲んでいたころ、晩酌をしながらリビングでそのまま崩れ落ちることが多かったです。朝起きると、目の前に焼酎が半分残ったグラスがあり、柿の種が散乱している。そんな状態で始まる一日が良い日になるわけがありません。僕はたぶん酷い方だと思うのですが、同じように晩酌をしながら崩れ落ち「いつ寝たかわからない」というような状態だった人はこれがなくなります。

あと、酒を飲んだ状態の睡眠というのは体を休めることができていなくて質が悪い。だから、起きたときに体が重くて疲れが全然取れていない感じになります。もちろん、酒が残っているのも原因ですが。。。

酒のない状態で睡眠をとると、体をゆっくり休めることができるのか、朝起きたときに体が軽いです。疲れも残っていません。一週間経つころには、朝、パッと起き上がれるようになり、太陽の光が気持ちよいとさえ思えてきます。絶対にこういう状態で始める一日の方がよい日になるに決まってます。

「寝付けないから酒を飲む」という方もいるかもしれませんが、疲れていたら人間の体は休むようにできています。酒を飲まないと寝れないようにはできていません。僕は幸いにも酒をやめたときに酒なしでもすんなり寝れましたが、そうでない人は、眠たくなくても布団やベッドにいって目を閉じると効果があるそうです。試されてはいかがかと思います。

ポイント

禁酒一週間で太陽の光が気持ちよくなる!

便通の改善

お通じに関してですが、酒を習慣的に飲んでいる人はおそらく水のような状態になっていることが多いかと(^^;

特に二日酔いのときなどはひどい状態になっていることが多いと思います。ただ、酒をやめて一週間で、健康的な固い状態になります。禁酒によって腸内環境が改善されるためですが、一週間で効果を実感できると思います。

また、腸内環境の改善は肌の調子もよくなるそうなのですが、もしかすると若く見えるという効果に腸内環境の改善も効果があるのかもしれません。

ポイント

禁酒一週間で腸内環境が改善される!

以上、禁酒一週間で実感できるメリット4つについて書いてみました。

おわりに

禁酒一週間で実感できるメリットについて書かせていただきました。

習慣的にお酒を飲んでいる人って、自分でハンデを背負ってるようなものだと感じています。足に重りというか、足枷みたいなものをつけているイメージですかね。

なので、酒をやめるだけで足枷を外せる状態になるので、飲まない人よりも簡単にパフォーマンスを上げやすいです。このことから、僕は飲まない人よりも飲んでる人の方が伸びしろがあると思っています笑

自分が元大酒飲みなので、そう信じたいだけかもしれませんが(^^;

この先、自分が酒を飲むことはもうないので禁酒後一カ月、一年、三年など、禁酒後に実感できるメリットについて紹介していきたいと思っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

※禁酒の効果はこちらでまとめております。

こちらもCHECK

禁酒はメリットしかない!自分で経験した禁酒の効果をすべて紹介します!

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒, 禁酒の効果
-, , ,

© 2021 きんしゅみ