徒然しらふ日記64〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。

フリーランスになる準備を開始しました。

前のお話↓

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。 客観的な評価は難しいです。 前のお話↓ 徒然しらふ日記63 自分で作曲したり...

徒然しらふ日記64

今年に入って、周りに独立する人が増えた。独立と言っても起業するとかそういうことではなく、フリーのエンジニアとして、直接企業などから仕事をもらうスタイルで仕事をする人が増えたのだ。

ひと昔前だとそういった働き方というのは難しかったと思う。しかし今は、レバテックフリーランスさんやギークスさんなど、フリーランスに特化した支援会社さんもあるし、クラウドソーシングなどで仕事(単価はそれほど高くはないが)をとることもたやすい。

そこで、現時点での自分の市場価値がどれほどのものかとレバテックフリーランスさんに相談してみた。自分のスキルとマッチする形で、今ある案件だと、おおよそ月単価60万円~65万円とのことだった。

もう少し高いかなと思っていたが、現実はそれほど甘くないらしい。自分の専門のスキルは組込みの分野のC言語になるのだが、この分野の単価は今それほど高くなく、今はWeb系や機械学習系が稼ぎやすいらしく、言語的にはJavaScriptやpythonなどの案件が多いらしい。

そしてやはり首都圏だと単価も上がるようで、一概には言えないが関西圏と首都圏で単価が10万円程度変わってくるとのことだった。

そういうのを聞くと自分は関西在住だし、流行りのスキルも持っていないので、60万円~65万円という月単価は妥当かなとも思う。

この月単価というのは契約にもよるのだが、だいたい月に140h~180h働いた場合に支払われる金額だ。この時間を超えるとお金は加算される。

単純にひと月が20日、1日8hと考えると、20hを超える残業がつく計算だ。まあ、月単価60万円だとしても、残業をまったくしないでひと月160hだけ働いて、年収が720万円になる。悪くはないと思う。しかし、フリーランスになるからには年収1000万は目指したい。現に、それくらい稼いでいる人が周りにいる。

ということは、本業以外で年に280万円稼がないといけない。

ブログ運営を頑張って月に10万円稼げたとしても(まだまだ先は長いが。。。)、年間で120万円。あと160万円足りない。この足りない金額に関しては、自分で仕事をとってくるしかないと思っている。

今現在、クラウドソーシングでシナリオを書いたり、簡単なプログラムを作成する仕事を受注しているが、いかんせん単価が安い。シナリオを書くお仕事は自分のブランディングに使えるので、ブログ収入アップにつながる。しかし、プログラミングに関してはもう少し割の良い仕事を受注したい。

なので、プログラミングに関してはクラウドソーシングを利用せず、できれば直接仕事を受けたい。そこで今興味を持っているのがオンラインサロンだ。同じような志も持った前向きな人たちが集まるサロンでは、そこで直接仕事をいただけたりする。

日、ある人気オンラインサロンのwebミーティングに参加させていただいたのだが、まあ、みなさま前向きで、やる気しか感じない。こういう人たちの中にいれば、仕事以外にも、いろんな刺激をもらえそうである。

このあたりで何とか自分を売り込んでいって、年収1000万円を達成したいと思う。あ、最後に。。。今務めている会社が嫌でやめたいわけではない。自分は転職回数が多いので、実際に働いてきた会社と比較できるのだが、今務めている会社は間違いなく良い会社だ。自分史上、1,2を争うくらい良い会社である。

しかし、自分でいろいろやるようになって、自分の力で稼ぎたくなった。そして、それができる自信があるので、挑戦したい。

独立して10年くらいで、完全に家を出ずにフル在宅で仕事ができるようになっているのが理想だ。そのころには、田舎の方に家を買って、そこで仕事をしながら妻と子供とのんびり暮らしたい。そんな夢に向けて、今頑張ろうと思う。

※次の記事はこちらです

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。 香川の、子どもを車中に置き去りにした事件が悲しすぎます。。。 前のお話↓ 徒然...
スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする