つれづれと。。(エッセイ風に) 徒然しらふ日記

徒然しらふ日記61〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。

飼っている猫がゴキブリ退治をしてくれました。

前のお話↓

徒然しらふ日記60〜飲んでない日は日記でも書こう〜

徒然しらふ日記61

今年の4月から猫を飼い始めた。早いものでもう五か月である。飼っているのは大型猫とされるメインクーン。生後半年でまだ子供なのだが、体重は4.5kg、体長は約50cmとかなりのペースで成長している。

この猫、可愛いのであるが、僕が元来もっていた猫のイメージと少し違うところがある。

まず、かなりの甘えたである。猫って一人遊びが好きで、人間に対しては「ほっといてよ!」みたいにツンとしているイメージだったのだが、「おまえ、犬か?」とつっこみたくなるくらい妻や僕に甘えてくる。

そしてこの猫、びっくりするくらいどんくさいのだ。猫は例外なく機敏な動作をするものだと思っていたが、キャットタワーからは落ちるし、シンクからは落ちるし、廊下を全力で走って止まりきれずに壁に激突したりしている。それでも無傷でぴんぴんしているところは、さすが猫なのであるが。

そんなどんくささを見て少しびっくりしたが、そこも可愛いし、ケガしないなら良いか。と思っていた。

しかし、このどんくさいうちの猫がなんと素早いゴキブリをしとめたのだ。

朝、妻がそれに気づいた。「ちょっとこっちきて」というので呼ばれた方へ行ってみると、ゴキブリが死んでいた。そして、体から足がすべて引きちぎられていたのだ。可愛い顔して、けっこう残酷なやつである。

うちの猫を見ると、「ふん」という感じで、なんかかっこつけているように見えた。「俺もやるときゃやるんだよ」と、言いたそうにも見えた。

まったく何もできないどんくさい猫と思っていたが、申しわけなかった。。。

「どんくさいっていっぱい言うてごめんなぁ」

と言いながら頭を撫でてやると、気持ちよさそうにゴロゴロ言って、コテンと仰向けになる。

ほんとうに、この子がやっつけたのだろうか。。。

その姿を見るとそんな疑問がわいてくるが、やるときはやる子なのだろう。今回は夜中に退治したためその雄姿を見れなかったが、次、同じ機会があれば、今度はその瞬間をしっかり見たいと思う。

※次の記事はこちらです

徒然しらふ日記62〜飲んでない日は日記でも書こう〜

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-つれづれと。。(エッセイ風に), 徒然しらふ日記

© 2020 きんしゅみ