つれづれと。。(エッセイ風に) 徒然しらふ日記

徒然しらふ日記57〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。

久しぶりに勝てました。。。

前のお話↓

徒然しらふ日記56〜飲んでない日は日記でも書こう〜

徒然しらふ日記57

先の日曜日、監督をしている草野球チームの公式戦があった。

所属している連盟で春と秋に公式戦があるのだが、ここ2年くらい初戦で負けていた。ここ最近は強いチームと当たっており、僕のチームも強いわけではないので、まあ、仕方ない結果である。

そして、今回の初戦の相手は昨年11-0で大敗している相手。普通に考えれば今回も初戦負けである。しかし、今回は「いけるかもしれない」という期待があった。それは、昨年加入したピッチャーが素晴らしいピッチャーだったからだ。

僕のチームは多くが野球初心者で結成されているのだが、2〜3人程度「なぜ、お前みたいなやつがこのチームにいるんだ??」と疑問を持ってしまうくらい野球のうまいメンバーがいる。そのメンバーのおかげでたまに勝ったりできているのだが、昨年からそこに良いピッチャーが加わった。

もちろん、相手チームはそのことを知らない。相手チームは、

「去年、11-0で勝ってるし、今回も楽勝だろう」

と舐めきっていると思われた。

試合が始まる。おそらく、相手の先発ピッチャーは2〜3番手のピッチャー。そのピッチャーを攻めて、こちらが初回に幸先よく1点を先制する。

相手チームからすると、「1点くらいすぐとれる」と余裕だったのだろうが、こちらの先発ピッチャーは昨年加入の素晴らしいピッチャーだ。強豪チームといえども、簡単には打てない。

そして、バッグの守備も普段はいっぱいエラーするのだが、この試合は攻守を連発。監督としてベンチから試合を見ていて、我がチームながら「今日はどうしたんだ」と思うほどうまかった笑

試合が進むにつれ、相手チームも必死になってくる。しかし、こちらも点をやらない。終盤、追い上げられたが。なんとか2-1のスコアで逃げ切り、勝利した。

おそらく、相手がこちらを舐めずに初回から本気でこられていたら、結果は逆になっていただろう。チーム力では完全に相手の方が上だ。しかし、相手を舐める気持ちから油断が出てきて、普通にやっていれば負けない相手に負けてしまう。

勝負事は本当に恐ろしい。

自信を持つのは必要なこだと思う。しかし、相手を舐めてしまうのはダメだ。これは野球に限った話ではないと思う。今回の勝利からそんなことを学ばせていただいた。

そして、もう2度と昨日のチームとは当たりたくないと思う。次は、初回から全力でこられるだろう。。。そしてそうされると、間違いなく勝てないだろう。。。笑

※次の記事はこちらです

徒然しらふ日記58〜飲んでない日は日記でも書こう〜

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-つれづれと。。(エッセイ風に), 徒然しらふ日記

© 2020 きんしゅみ