つれづれと。。(エッセイ風に) 徒然しらふ日記

徒然しらふ日記56〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。

インスタでいろいろ勉強しております。

前のお話↓

徒然しらふ日記55〜飲んでない日は日記でも書こう〜

徒然しらふ日記56

2017年からインスタをやっていて、早いものでもう3年半くらい経つ。

インスタでは主に趣味のランニングをメインに投稿しているのだが、ランニングの記録を投稿している人は多く、僕もみなさまと同じように走ったコースなどの写真を撮って、ペースや距離などをつけた写真を投稿する。

3年半の間に同じ趣味を持つ方と繋がれたりして、色々とコメントしたり、コメントをいただいたりして楽しく利用しているのだが、色々と勉強になることもある。

皆様の投稿で知らなかった綺麗な景色や料理など知ることができるのだが、若い子が使う言葉も勉強させてもらえたりする。

僕は大阪の港区に住んでいるので、海遊館あたりをホームコースにしている。海遊館周りの大阪港は良いランニングコースだったりするのだ。そしてクリスマスシーズン、海遊館は素敵なイルミネーションを見せてくれる。

以前、ランニング中にこのイルミネーションを撮って投稿したことがあった。この投稿にいつくかコメントをいただけたのだが、その中に

「いつものコースがこんなに素敵なんて、、、裏山です」

というものがあった。

若い女性がコメントをくれていたのだが、僕は間髪入れずにこのコメントを

「いつものコースがこんなに素敵なんて、、、私はいつも裏山を走っています」

と解釈した。コメントをいただいた場合お返しするようにしているので、

「ありがとうございます。でも、裏山ランもいいですよね」

的な感じで返信しようとしたのだが、よく考えると

「裏山ランもいいですよね」

ってなんなんだ?と自分で思い踏みとどまった。せめてその方が走っているコースを確認して返信しようと思い投稿を見ると、裏山というか、そもそも山の写真が全くないではないか。

走られている投稿はたくさんあるのだが、おしゃれな写真が多く、どう考えても裏山のあるような田舎にいらっしゃるように見えない。というか、間違いなく都会の方だ。

「この人、絶対に裏山なんか走ってない」

そう確信した僕はgoogle先生に「裏山」について聞いてみた。すると、「裏山」とは「羨ましい」の略語ということではないか!

「いつものコースがこんなに素敵なんて、、、裏山です」→「いつものコースがこんなに素敵なんて、、、羨ましいです」

だったのだ!

危ないところだ。もし「裏山ランも良いですね」と返信していたら、「こいつは頭がおかしいのか?」と思われフォローを解除されていたことだろう。

このように、インスタは無知なおっさんにいろんなことを教えてくれるのである笑

※次の記事はこちらです

徒然しらふ日記57〜飲んでない日は日記でも書こう〜

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-つれづれと。。(エッセイ風に), 徒然しらふ日記

© 2020 きんしゅみ