つれづれと。。(エッセイ風に) 徒然しらふ日記

徒然しらふ日記55〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。

やっぱり高校野球はいいですね。

前のお話↓

徒然しらふ日記54〜飲んでない日は日記でも書こう〜

徒然しらふ日記55

今年の高校野球は春の選抜も夏の選手権も中止になった。そのため、甲子園で高校野球は見れないと諦めていたのだが、春の選抜出場予定だったチームによる交流試合という形で開催された。

この試合はテレビで中継されていたのでほぼ見たのだが、やはり高校野球はいい。いつもとは違う無観客で違和感はあったが、それはそれで楽しめた。

無観客で物足りないと感じる反面、観客やアルプスからの声援がない分ベンチの声がよく聞こえるのだ。これはプロ野球の時にも思ったのだが、このベンチの声に臨場感があって、僕は好きだ。

しかも、プロ野球よりも高校生の方が必死に声を出す。そんなベンチの姿を見て、心を打たれた。普段、出場している選手のプレーに心を打たれることはあるのだが、ベンチで控えの選手が必死に声を出している姿に心を打たれたのは初めてだった。

わかっていたつもりだが、ベンチも一丸となって戦っているんだとあらためて気づかされた。

野球に限った話ではないが、普段とは違う状況が続くので、物事を違う角度から見るのには良い機会かもしれない。

※次の記事はこちらです

徒然しらふ日記56〜飲んでない日は日記でも書こう〜

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-つれづれと。。(エッセイ風に), 徒然しらふ日記

© 2020 きんしゅみ