お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記28〜酒からの脱却〜

禁酒を成功させるために『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

苦しみながら挑戦中の禁酒、5度目の挑戦58日目です。2ヶ月目前になってきました。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記27〜酒からの脱却〜

禁酒日記28

5/17から禁酒をはじめ、58日目。2ヶ月が目前となってきた。自分自身はすこぶる順調なのだが、ここへきてまたコロナの感染者が増えてきた。懸念されていた「第二波」だろうか。

緊急事態宣言が解除され、キャバクラなど夜のお店の営業自粛も緩和されたので、ある程度予想されていた状態だとは思うのだが、実際に感染者の急増などを報道などでみると、「やっぱりきたか」と思う。僕の住む大阪も、「大阪モデル」が黄信号となった。この状況を受け、勤めている会社ではまた在宅勤務の割合が増加し、社員同士の懇親会なども基本的に自粛となった。簡単にいうと、「会社帰りなどに飲みに行くな」ということだ。

この通知を受け会社内で「いつになったら普通に飲みにいけんねん!」という声がよく聞かれたのだが、僕は今のところ、そうは思わなかった。いや、気持ちがわからないではない。というか、凄くよくわかる。週末に気の合う仕事仲間と、愚痴なども交えながら酒を酌み交わす。

特に金曜日の仕事終わりなどは、1週間の仕事終わりでもあるので、さらに酒がうまくなる。なので、この時を至福の楽しみにしていらっしゃる方は多いし、自分もそうだったし、「早くみんなで飲みに行きたい!」という気持ちはよくわかる。

ただ、僕は約2ヶ月の間酒を飲んでいない。当然、その間の週末は全く飲んでいない。金曜日も飲まずに家に帰る。奥さんと一緒にノンアルを飲みながらご飯を食べ、残りの時間はギターを弾いたり、本を読んだり。それで十分に楽しいし、「あー、飲みたい!!」と思わなくなった。

まだたった2ヶ月だが、そのように時間を過ごしていると、「この時間をもっと有効活用できないものだろうか」と考えるようになってくる。せっかく飲まずに頭がクリアになる状態が続いているので、「もっと何かできないだろうか」と思うようになってくる。

今後また在宅勤務が増え、残業規制もかかるので自分の時間が増える。なので、これについては、少し真剣に考えてみたいと思う。自分は何がしたくて、そのために何をすべきか。自分の時間をどう使うのか。。。

こう考えるようになったのは、酒を飲んでいない間けっこう色々な本を読んだので、その影響も大いにあるのだが。。。(笑)

「時間ができたんだ。じゃあやりたいことを頑張って、それでも時間が余るなら少し飲もうか」

となるかもしれない。そう思ったら、飲んでしまうかもしれないが、今のことろそんな感じで禁酒が終了することはなさそうである。

2ヶ月目前!

「飲みたくなったら無理せずに飲もう」

とゆるく続けてきた禁酒ですが、2ヶ月が目前になってきました。普通に生活している分には、もう大丈夫そうです。会社の飲み会などが規制されているもの、今の自分にとってはもの凄く追い風となってます笑

今後、「酒を飲まない」+「コロナで仕事が減る」でかなり自分の時間が増えそうです。

その間、自分のスキルを活かして仕事をすることも考えていたのですが、単純にあいた時間に労働してお金を稼ぐのは、少し違うような気もしてきています。今の時代、スキルがあれば隙間時間で稼ぐのはそれほど難しいことではないのですが、それだと、単純に時間をお金に変えているだけで、なんか違うのかなと。。。

じゃあ何が正解かと聞かれると、わからないのですが。。。(その時間を使って酒を飲むのは不正解ということはわかります笑)

せっかくできた時間、どう使うのが家族や自分のために良いのか、ちゃんと考えてみようと思いました。

おわりに

禁酒58日目。相変わらず順調です。

できた時間をどう有効に使おうかと考えるようになってきました。実際に酒を飲まなくなって時間ができ、さらにコロナの第二波で時間ができそうなので。

何か、こう、家族や自分の将来のために今できることをやっとかないといけない気がしていて、不思議なのですが、何か焦ってる感じがあり、ちょっと悩んでみようと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記29〜酒からの脱却〜

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-

© 2021 きんしゅみ