徒然しらふ日記44〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。

久しぶりに資格に挑戦しようかと思います。

前のお話↓

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。 最近、甘いものが好きになりすぎています。。。 前のお話↓ 徒然しらふ日記43 ...

徒然しらふ日記44

コロナの影響で仕事が減ってきた方も多いが、自分の会社も例に漏れずに仕事が減ってきた。売り上げも減ってきており、僕たち社員にも「必要以上に残業はしないように」とのお達しがきた。

当分は定時で帰れる日が続きそうだが、僕のような多趣味の人間には自分の時間が増えることはありがたい。ギターも練習したいし、ジムにも行きたいし、ブログも書きたい。やりたいことはめちゃくちゃあるのだが、一つ、始めてみようかと思っていることがある。それは、資格の勉強だ。

若い頃はよく勉強していて、情報処理関連の資格をいくつか取得した。30歳を過ぎてから勉強をしなくなったのだが、40歳を超えた今、久しぶりに勉強を再開しようかと考えている。

技術者である以上、自分のスキルを磨いておいて損はない。それに、将来独立するなら(50までには独立したいと考えるようになった)、資格が役に立つことはあっても、邪魔になることはないはずだ。

受験を考えているのは、おそらく情報処理関連の資格では一番知名度があるであろうIPAが運営する情報処理技術者試験だ。古くは情報処理2種や情報処理1種などで知られる国家資格である。

この資格にはレベルが1〜4まであり、4が「高度情報処理資格」に分類される。レベル3までの資格は持っているのだが、専門性が要求されるレベル4の資格はまだ取得していない。なので、このレベル4の資格の中から、今の業務で深く関わっているネットワークの試験を受験してみようと思う。

今やどんな分野で開発するとしても「ネットワークの知識が全くいらない」開発など皆無だ。この分野において専門的な資格を取得しておくことは自分にとっても必ずやプラスとなるはずである。

IPAの情報処理資格は春と秋に実施されるのだが、ネットワークスペシャリスト試験は秋(10月)に実施される。10月が試験日なのでもう準備をはじめないと間に合わないと思っていたのだが、この春の試験がコロナの影響で中止となり、秋の日程に実施されるようで、元々秋に予定されていた試験は11月以降にずれ込むようだ。

試験までの勉強時間が増えたので、わかっているつもりの基本からやり直して、しっかり準備して望みたいと思う。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする