つれづれと。。(エッセイ風に) 徒然しらふ日記

徒然しらふ日記40〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。

久しぶりの更新。

前のお話↓

徒然しらふ日記39〜飲んでない日は日記でも書こう〜

徒然しらふ日記40

5/17から珍しく禁酒が続いていている(今日で39日目)。

禁酒にフォーカスをあてた「禁酒日記」というのも書いていて、禁酒を続けているおかげでそちらばかりを更新し、この日記を書けずにいるのだが、ほんの少しだけ読んでくれている人もいるみたいなので、こちらもゆるく続けていこうと思う。

さて、体から酒が抜けてきたおかげですこぶる体の調子が良い。特に朝起きたときの「やる気」が全然違うので、朝から活動的になる。なので、この文章も朝の出勤前に書いている。

本日から二日間、新入社員研修の講師となっており、社員と向き合うことになる。本来はもっと早いタイミングだったが、コロナの影響でこの時期にずれ込んだ。

研修自体は3ヶ月間程度あるのだが、その間の講師を社員で持ち回るというシステムである。なので、新人さんは講師がどんどん変わるので、顔と名前を覚えるだけで大変だろう。ただでさえ覚えなければいけないことがたくさんあるのに、講師まで全て覚えるとなると大変だ。だから、僕のことなんて一瞬で忘れてもらっても良いと思う。

社会人を20年程度やっているので、自分の中で仕事の進め方や人との付き合い方、その他諸々は確立されたものがある。なので、なかなか新鮮な気持ちになれることがないのだが、こういう機会が唯一新人の時の気持ちを思い出せて、なんというか爽やかな気分で仕事に望める(気がする)。

自分が教えられることは「禁酒のコツ」くらいしかないが、とりあえずこの二日間は自分も新人のみなさんから元気をもらおうと思っている。

また研修がどんな感じであったか、続きはこの日記に書こうと思う。

次のお話↓

徒然しらふ日記41〜飲んでない日は日記でも書こう〜

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-つれづれと。。(エッセイ風に), 徒然しらふ日記

© 2020 きんしゅみ