お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記23〜酒からの脱却〜

5/17から禁酒をはじめ、今日で禁酒29日目。1ヶ月目前です。そして、前回の禁酒記録である36日まであと7日。問題なくクリアできそうです。

アルコール依存者の禁酒日記22〜酒からの脱却〜

禁酒日記23

5/17から禁酒をはじめ、4度目の週末。もうお酒のない週末にも慣れてきたが、お酒を飲んでいた頃の週末にやっていた「昼飲み」をしてみようと思い立ち、やってみた。飲み物はもちろん「ノンアル」である。

飲んでいた頃、家で昼飲みする時はたこ焼きを焼くことが多かったので、同じようにたこ焼きを焼きながら、お供は最近お気に入りのノンアルハイボール。

実際にやってみると、不思議なことに楽しく飲める。お酒を飲んでいないのに、なぜか気持ちよくなってくる。「お酒を飲むとドーパミンが出て気持ちよくなる」それは間違いのない事実であるが、もしかすると、休みの日にのんびりと昼からたこ焼きをやき、テレビを見て、ボーっとしながら飲むという行為自体が、ドーパミンを出してくれて、癒しを与えてくれているのかもしれない。もしそうであれば、その時の飲み物はアルコールである必要は全くない。ノンアルハイボールで十分に幸せだ。

ただ、禁酒後すぐにこれをやって同じように満足感を得れるかというと、そうではないと思う。なぜなら、まだ脳がアルコール漬けの状態であるため、お酒以外でドーパミンが出ないからだ。

そういう風に考えると、自分の脳がお酒以外でドーパミンが出るまでに回復したのに、また酒漬けに戻りたくないと素直に思えてくる。

そして、ノンアル昼飲みの最大の利点は飲んで楽しんだ後も時間を有効活用できるという点だろう。

実際、たこ焼きで昼飲みを楽しんだ後にこの記事を書いているし、この後ジムに行って走って、帰ってきたら本を読もうと思っている。(ちなみに今更であるが、少し前に流行った「嫌われる勇気」に夢中になっている)

今日は奥さんが用事で出て行っているが夜に帰ってくるので、帰って来たらプレステでゲームを一緒にしようとも思ってもいる。

もし、ノンアルでなくアルコールで昼飲みをしていたら、飲み終わった時がその日の終わりといっても過言ではない。なんせ、飲んでしまった後は何もできないのだ。運動はもちろん、本を読むこともブログを書くこともできない。もしできても、酔った頭では本から得られるインプットの質は劇的に下がるし、ブログの文章だって無茶苦茶になる。そして、酔っ払った僕を見て奥さんは不機嫌になり、なんとなく気まずいまま次の日を迎え、酒が残った状態で週の始まりを迎える。

これまでの経験上、日曜日に昼飲みをすると、このような感じで最悪の週のスタートが待っている。それが同じ行為でも、ノンアルだとすごく建設的に休みを使える。

今、無理をせずに禁酒ができている。たこ焼きでノンアル昼飲みをしていても、「これが酒だったらさらに楽しいのになぁ」とか、全く思わなかった。

前回までの禁酒は、お酒を我慢している気持ちがやはりどこかにあって、ノンアルを飲んでいても「これが酒だったら。。。」という気持ちがどこかにあった。

今回、それがない。これがどこまで続くのかわからないが、何と無く手応えをつかみはじめているのは確かである。

ノンアル昼飲み

禁酒29日目です。これまで週末に飲んでいた頃の習慣を遠ざけるようにしていたのですが、この週末、はじめて飲んでいたことにやっていた昼のみをしてみました。

 

ちなみに、上の写真は「たこ焼き」と言いながらタコは入っておらず、鳥の胸肉、肝、そしてコンニャクとかが入ってます笑

生地はたこ焼きの粉は最小限で、山芋メインです。大阪で生まれ育ったおかげてたこ焼きはすごく食べてきたのですが、色々と食べて行き着いたところは

「粉はつなぎ程度で良い」と「入れるものはタコである必要はなく、冷蔵庫にあるもので良い」

の2点です笑

たこ焼き自体はずっとこのスタイルなのですが、飲んでるものがノンアルハイボールです。そして、これが美味しい!

なんというか、「昼から飲めて気持ち良い!!」と感じれるのはノンアルでも一緒でした。そして、酒を飲んでいないのに、ちょっと飲んだときのような気分になりました。

今、梅雨真っ只中ですが、梅雨が明けると夏がやってきます。毎年、夏は海へBBQをして、浴びるように飲んでました。しかし、ひょっとすると、夏の海でもノンアルで同じように楽しめるのではないか。。。と思えしまう今日このごろ。

今年はコロナの影響でどうなるかわかりませんが、海でBBQができたら、ノンアルで楽しんでみようと思っています。

おわりに

禁酒29日目。変わらず順調です。

このままで、この調子で気負わずに続けていこうと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記24〜酒からの脱却〜

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-

© 2020 きんしゅみ