徒然しらふ日記16〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。本日もどーでも良い内容を徒然と。。。

スキマ時間にスマホだけで30万円、そんな話ないと思う。。。

前のお話↓

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。本日もどーでも良い内容を徒然と。。。 怪我をして、早くも年始に立てた目標を達成できず。。...

徒然しらふ日記16

サラリーマンとして働きながら、副業でお金を稼ぐ。そういったライフスタイルが昔と比べて増えてきているのではないだろうか。

自分も将来的にブログなどで得ている副収入が増えて、奥さんに楽をさせてあげながら、今より良い生活を送りたいという野望を持っている。

そんな思いを抱きながらブログなどコツコツとやってはいるが、こういうのは一部の天才を除き、いきなり稼げたりするものではない。

やればわかるが、凡人であれば月に数万円をコンスタントに稼ぐまでに年単位の歳月を要するのが普通だ。自分もまだまだそこまでの収入はないが。。。

ただ、継続していると少しづつではあるが、収入は増える。「継続は力なり」これは真実だと思う。そして、それが真実であるがゆえ、サボると収入は下がる。昨年、自分にとっては超ブラックな会社に務めていたのだが、その会社に務めていた1年は気持ちに全く余裕が持てず、ブログをほとんど書けなかった。それが結果へ直結する。

現実は厳しいのだ。ブログなどの副収入で稼ぎ続けている人は、自分の時間を惜しげもなくそこへ投入し、それを継続できる人だ。そういう人には本当に頭が下がる。

前置きが長くなってしまったが、ここで言いたかったことは、副業でそこそこの収入を得ようと思うと、それ相応の努力が必要ということだ。ブログやアフィリエイトをやってきた経験をもとに話しているが、他の副業でも同じだろう。努力なくしてお金など稼げないと思うのだ。

それは揺るぎない事実だと思うのだが、先日、かつてのブログ仲間から、

「今は楽して副業で稼げる時代だ」

との情報を得た。彼はブログのアクセスが思うように伸びず途中でブログをやめてしまったのだが、副業自体は色々と探していたようだ。

彼によると、その副業とはスマホで空き時間に数十分作業するだけで、月に最低30万円の収入を得れるものであるという。

この時点で十分に胡散臭いのだが、何をするのか訪ねてみると「わからない」とのことだった。作業内容は明確にされず何かに登録したら教えてもらえるとのことだった。ネットで調べても作業内容について情報がないので、登録する前に、僕、もしくは僕の周りに何か知っている人がいないかということで連絡してきたのだった。

ハッキリ言って、僕はこういった類のものは嫌いだ。1日数十分、スマホを操作するだけで最低でも月30万。何をするか知らないが、こんな話があるわけないのだ。1日1時間としても、月に30時間で30万円。時給換算で1万円である。

携帯をいじるだけで時給1万円。そんなものに飛びつこうとしている彼に正直びっくりした。

僕が、興味ないし、何も知らない旨をハッキリ伝えると、

「Google検索でトップに出てくるから大丈夫だと思うし、悪い評判も検索結果に出てこないから信用していいかも」

とのことだった。

試しに「副業 おすすめ」みたいなキーワードで検索してみると、なるほど、彼がやろうとしている副業サービス?がトップに出てきた。

しかし、これはその業者さんがGoogleさんにお金を払ってトップに出してもらっているのだ。検索の結果を見ればすぐにわかる。悪い口コミがないと言うが、検索結果の下の方にはちゃんと出てきている。これもおそらく悪い口コミが検索の上位にこないように、業者が大人のやり方でお願いしているのだ。

こんなのすぐにわかる。それを伝えても、

「これまでの常識にとらわれないビジネスで、一種のイノベーションだと思う。みんな、このチャンスを見逃しているのだと思う」

と、彼は強気だったが、「何をするかわからない」と言っていたのにイノベーションと言い切れてしまうところが、もう何かアカンものに洗脳されているように感じた。

そもそも、本当に誰もが羨むようなチャンスであれば「副業 おすすめ」でGoogleさんの検索結果トップに出てくる情報がスルーされているわけがない。

ただ、彼の人生である。彼のやりたいことを止めるつもりはないので、挑戦してみたらいいと思う。もしかしたら僕が間違えていて、本当に画期的なビジネスで、彼がすごく稼げるようになるかもしれない。

僕はこれまで通り地道に作業を続けながら、彼からの報告を楽しみに待とうと思う。

次のお話↓

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。本日もどーでも良い内容を徒然と。。。 最近の若い子、憎めないです^^ 前のお話↓ ...
スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする