つれづれと。。(エッセイ風に) 徒然しらふ日記

徒然しらふ日記15〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。本日もどーでも良い内容を徒然と。。。

怪我をして、早くも年始に立てた目標を達成できず。。。

前のお話↓

徒然しらふ日記14〜飲んでない日は日記でも書こう〜

徒然しらふ日記15

年始、今年こそは毎月100km以上走るという目標を立てた。

1月は余裕でクリアしたが、2月は90kmしか走れず。。。

そして、今年は毎朝ストレッチをすることに決めていたが、それも最近できず。。。

本当に悔しいが、これには理由がある。怪我をして2月最後の一週間走れなかったのだ。2/24、仲間たちと六甲山へ走りに行ったのだが、そこで、足を踏み外してあわや滑落という場面を味わった。

その前の週も京都、鞍馬の山を走って怪我をしたが、こちらはまだ軽かったので2〜3日で治ったが、今回はひどかった。走っている途中、道と思って足を踏み出したら、そのまま地面が抜けた。そこに道はなく、落ち葉が積もっていただけの場所だった。

足が地面と思っていた場所をすり抜けて、「落ちる!」と思った次の瞬間に落ちていたが、幸いそれほど急な斜面ではなく木もあったので、なんとか木を掴んで事なきを得たが、その時に左膝を激しく負傷したらしい。

その日は走れないものの、何とか歩くことはできたのでそのまま山を下りたが、次の日、立ち上がれないくらいひどくなっていた。

この時点で100kmまではあと10km程度。残り1週間で1日走りにいくことができればクリアできる。ただ、とても走れるような状態に回復しなかった。というよりまともに歩けないから、出勤するだけでも一苦労だ。

左膝を曲げれないので、ストレッチもできない。。。

こうして2月、100km走るという目標を達成できなかった。

毎年、「もう今月はいいかぁ」と思って目標を達成できなくなるのだが、2月に関しては走りたくてたまらなかったので、本当に悔しい。。。

でも、非は自分にある。きっと山を怒らせてしまい、バチが当たったのだ。

六甲山を走っていたこの日、映画「岳」の話をしていた。その時、

「あんな険しいとこ六甲にないから大丈夫やで」

みたいなことを言ったので、きっと山が怒ったのだ。

そのあとに後輩の、

「でも、六甲山でも遭難とかるらしいですよ」

との発言を受け、何も考えず、

「そうなんや」

といった次の瞬間、仲間たちから、

「お前そんなしょーもないこと言うやつやと思わんかったわ」

「今のはほんまにあかんわ」

など、数々の批判をいただいた。

いや、ほんとにそんなつもりはなかったのだ。ただ、言うた次の瞬間、「しまった!」とは思った。そして、仲間達はそれを見逃してくれなかった。。。

遭難で、そうなんや。。。これはだめだ。。。

山を怒らせてしまうと、こんなにひどい目に遭うのか。。。

六甲山に心より謝罪したいと思う。

舐めたことを言ってしまって、本当に申し訳ありませんでした。

次のお話↓

徒然しらふ日記16〜飲んでない日は日記でも書こう〜

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さかもと

将来的な独立を目指すソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-つれづれと。。(エッセイ風に), 徒然しらふ日記

© 2020 きんしゅみ