徒然しらふ日記14〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。本日もどーでも良い内容を徒然と。。。

電車の広告を見ていて、ふと思いました。

前のお話↓

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。本日もどーでも良い内容を徒然と。。。 新型コロナウイルスがすごいですね。。。 前のお話...

徒然しらふ日記14

物事を一方的に見ない。

例えば、一方から見ると悪いことでも見方を変えると違う見え方がする。そういったことだ。

今勤めている会社でも、オフィスに入ったところにPCがスライドショーで流れていて、その一つは

「物事をいろんな角度から見よう」

である。

自分自身、社会人経験もそこそこなのでこれに関してはできているつもりでいたのだが、まだまだ人間的に未熟なのか、偏った見方をしてしまうことがある。

今日、仕事でそんなことを痛感する出来事があり、まだまだだなぁ。と思いながら帰りの電車に揺られていたときである。

ふと、電車にこんな広告を見つけた。

どこかの会社の広告だったと思うが、アインシュタインさんの写真があって、その横に

「未来を内側から変えていく」

というメッセージがあるものだった。

これを見ると、アインシュタインさんからの

「未来は内側から、つまり自分を変えていって輝かしい未来にしていこう!」

というメッセージのように受け取れる。

なるほど、偉人にそう励まされると、やるぞ!!と気合が入る。

ただこのポスター、僕が座っていた座席から見て反対側の上部にあるので、手すりが微妙に邪魔をするのだ。なので自分の視点、つまり見方を変えるとちょうどその手すりがアインシュタインさんの目を隠してしまう。

簡単に言うと、少し下から見て手すりをかぶせてそのポスターを見るとこう見えるのだ。

するとどうだろう。。。

アインシュタインさんは一瞬にして得体の知れない怪しいおっさんに早変わりし、その得体の知れないおっさんが

「内側から変えていく」

と言っているように見える。そうなると、

「このおっさん、なんかしよるぞ!一刻も早く捕まえろ!」

となる。

怪しげな頭の良さそうなおっさんが、何かアカンことを始めようとしている図に早変わりするのだ。

「物事をいろんな角度から見よう」

会社の教えではあるが、なるほど、物事の見方を変えるとこうも違う見え方をするものなのか。

なんとなくわかっているつもりだったが、ここまで劇的だとは知らなかった笑

今後、しっかりと会社の教えを守りたい。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする