つれづれと。。(エッセイ風に) 徒然しらふ日記

徒然しらふ日記9〜飲んでない日は日記でも書こう〜

飲まない日にできるだけ日記を書く、徒然しらふ日記。本日もどーでも良い内容を徒然と。。。

最近、キリンのカラダFREEにハマってきました。

前のお話↓

徒然しらふ日記8〜飲んでない日は日記でも書こう〜

徒然しらふ日記9

平日は飲み会などない限り飲まないようにしている。

飲まない日は、炭酸水が多いのだが、最近、キリンのカラダFREEにハマってきている。これまでずっと炭酸水だったのだが、久しぶりにノンアルを飲みたくなりカラダFREEを見て、

(あ、これ試してみよう)

と思い飲んでみたところ、見事にハマった。昔はサントリーのオールフリーを飲んでいたのだが、最近はオールフリーに見向きもせず、カラダFREEを選んでいる。

でもなぜ、僕は「カラダFREE」ばかり選んでしまうのだろうか。

味は確かに美味しいのだが、オールフリーを凌駕する美味しさとか、そこまで突き抜けてはいない。そして、両者ともアルコール、カロリー、糖質すべて0である。

では、なぜなのか。。。そんなことを思いながら缶を見つめてみる。。。

しばらく眺めていると、どこに惹かれているのか、なんとなくわかってきた。まず、「カラダFREE」というネーミングだ。すごく体に良さそうな響きではないか。体を「カラダ」とカタカナで表記しているところも、僕の中でオムロンの体重計を連想させ、健康度を増していたようだ。

そのネーミングに見事にマッチする体に良さそうな缶の色合いも見事である。そして極めつけは

「お腹まわりの脂肪を減らす」

という文言だろう。初めて買ったとき、この文言には気が付いていなかった。しかし、最近痩せなければいけないと思っていたので、無意識のうちにこの文言に惹かれ、行動に移していたのかもしれない。

「人は潜在意識に従って行動する」というのを何かの本で読んだことがある。

昨今、凄まじい健康ブームである。僕に限らず、意識していないつもりでも、自然と健康的な食べ物、飲み物を選ぶ人は多いのであろう。キリンの見事なまでの戦略である。

「カラダFREE」を飲み続けるだけで痩せるとは思はないが、体に良さそうなことは確かなので、しばらく飲み続けてみようと思う。

と思っていたら、サントリーからも「からだを想うオールフリー」なるものが発売されているではないか!キリンだけ試して、サントリーを試さないというのは、フェアではない。

キリンもサントリーも愛する消費者として、しっかりと二つを試した上で判断を下さないといけない。きっと、甲乙つけがたく迷ってしまう結果になるのだろうが、今度サントリーの「からだを想うオールフリー」を試して見ようと思う。

次のお話↓

徒然しらふ日記10〜飲んでない日は日記でも書こう〜

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-つれづれと。。(エッセイ風に), 徒然しらふ日記

© 2021 きんしゅみ