関空でスーツケースの鍵をなくしたら、迷わずRedhorseさんへ!!

今回は、関空でスーツケースの鍵格安でこじ開けてくれるRedhorseさんを紹介したいと思います。

海外旅行に行く時など、スーツケーススーツケースの鍵をなくしてしまったり、家に鍵を忘れてきてしまったりして、

「スーツケースを開けたいけど開けれない。。。」

といった状況に陥ることがあるかもしれません!

僕はスーツケースの鍵をしめて、そのスーツケースの鍵を忘れてきたことに関空で気づきました笑

いろいろと対処方はあると思うのですが、その中でもコストを安く押さえたいならRedhorseさんがおすすめです!ということで、今回は実際に僕が助けていただいたRedhorseさんを紹介したいと思います!

関空でのスーツケース対処法

Googleさんが最初に教えてくれたのがこちらになります。

こちら、丁寧に対応してくれると思うのですが、安く済んでも1万円弱かかってしまうのです。自分のミスですし、仕方ないのですが、それでも払わなくてよかったお金。予定外の出費に1万円は痛すぎます。そこでいろいろと調べて見たところ、

「Redhorse」

というお土産やさんが格安で対応してくれるかもしれないという情報!

僕は藁にもすがる思いでRedhorseさんへ直行しました。

Redhorse

第一ターミナルの3Fにあります。僕はたまたま乗ったエスカレーターの目の前にお店があったのですぐ見つけられました。(特に見つけにくい場所というわけではないのですぐ見つかると思います)

おみやげ屋さんということでしたが、色々なものを扱っているようでした。

特に

『スーツケースの鍵開けます!』

みたいな案内がなかったので、変なやつと思われるの覚悟で、

「あの、スーツケースの鍵がなくて、開けてほしいのですが。。。」

と恐る恐る尋ねると。

「いいですよ。ピッキングで開けるので鍵使えなくなってしまうかもしれませんが、それでもいいですか?」

と、慣れた感じの対応でした。僕みたいな人、結構いるのかもしれませんね^^;

鍵が使えなくなるかもしれないということでしたが、背に腹は変えれないのでお願いすると、作業時間は5〜10分で料金は2000円とのことでした。

そして、5分後。。。

「開きましたよー。鍵、使えなくなってしまったかもしれませんが」

と言いながらスーツケースを開けてくれました。鍵穴は写真のようになりましたが、最初の約束なので仕方ないです。それよりも、本当に5分で開けてくれたことに感動しました!しかも、2000円で!

Redhorseさん、本当にありがとうございました!!

おわりに

今回は関空でスーツケースを格安でこじ開けてくれるRedhorseさんを紹介しました。

そしてダメと思っていた鍵穴ですが、帰って試してみたところ、なんとか使えました!すごくかたくなっていて、閉めづらくて、開けづらかったので長くは持たないかもしれませんが、感謝です。

もし、関空でスーツケースの鍵が見つからず、こじ開けないといけなくなった場合はRedhorseさんへ行ってみてください!

全てに対応できるわけではないということですが、きっとなんとかしてくれると思います!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする