千羽海崖トレイルランニングレース 前日の楽しみ

スポンサーリンク

今回のお話

毎年、1月末に徳島県海部群美波町(四国の右下)で開催される千羽海崖トレイルランニングレースに参加しております。

大阪から行くので毎年前日から徳島へ行くのですが、前日から結構楽しく過ごしておりますので、この記事では道中のオススメのお店とか、オススメの宿とか紹介したいと思います。

トレイルコースは別記事で紹介します。

徳島へ

レース前日、9時に大阪を出発。最初の目的地はお昼ご飯を食べる弘伸丸さん。このお店漁師さんがやられているお店で本当に魚が美味しすぎるんです。

オススメの弘伸丸さん

 
住所:阿南市那賀川色ヶ島民養40-1

11:30に開店です。開店時間に行かないとすぐに行列になります。定食はどれも基本800円ですが、何を食べてもコストパフォーマンスがハンパないです。この日は少しグレードアップした刺身定食(¥1,000)をいただきました。

毎年ですが、美味しすぎました。。。刺身の新鮮さというか、何というたらええかわからんけどほんまに美味しい。こんなお刺身、大阪では絶対1,000円で食べれないです。

なのでこのお店は絶対に外せない!本当はゆっくり飲みたいお店ですが、昼の時間は外が行列なのでゆっくり飲むわけにもいかず。。。いつかゆっくり飲みに来たいです。

お店は55合線沿いにあって、大漁旗?みたいな旗が目印です。お店の前に駐車場ありますが、すぐいっぱいになるので、僕たちはいつもお店から少し離れた第二駐車場に停めてます。

漁がお忙しくなるのか、6月中旬〜10月中旬まではお休みされるそうです。

由岐港での釣り

ご飯を食べて、美波町の由岐港に向かいます。目的は釣り。ここ、初心者でも結構釣れるんです。めっちゃせこい釣り方してますが。。。

こんな感じの綺麗な海です。で、↓せこい釣り方(笑)

テトラポットの隙間狙います。オモリと餌だけつけて海に落とすだけ。落とし込みって釣り方らしいです。ほぼベラとガシラしか釣れませんが、今年はこんなん釣れました。

最初なんかわからんかったんですが、ウツボの子供らしいです。子供の時はめっちゃかわいいです。この日はあたたかかったので夕方まで釣ってました。

夕日、すごい綺麗なんです。あんまり遅くなると日和佐駅近くのスーパーが閉まってしまうので、夕日が綺麗になったら向かいます。

毎年、夕食は宿で鍋をするので、日和佐駅近くのこのスーパーで材料の買い物をします。19:30に閉まってしまうので、早めに行きます。買い物をして宿に向かいます。

スポンサーリンク

南阿波サンラインモビレージ

毎年泊まらせていただく南阿波サンラインモビレージさんです。コテージが何棟かあります。大きさは6畳二間で、今回は3人で泊まりましたが、最大5名まで泊まることができます。

価格も安く(5名で行くと一人¥3,300でした)、オーナーさんもすごく優しくて良い方で、目の前に広がる海の景色も最高なのでオススメの宿です!
※2017年4月から少し値上げされるそうなのですが、それでもオススメです!

コテージの外観です。中もすごく綺麗です。

夜は鍋をします。左手前、釣った魚たちです。今回は素揚げにして塩でいただきました。ガシラは美味しいです。オーナーさんが焼き芋をくれたので、こちらも美味しくいただきました。

そして、毎年飲んでしまいます。このお酒が楽しみでもあるので外せないんですが、次の日レースなので、いつもはセーブします。

ただ、今年は飲みすぎてしまい、3人で角瓶を二本あけてしまいました。。。これが明日悲劇となります。

以上、レース前日の過ごし方でした。実際のコース紹介は以下で紹介しております。

千羽海崖トレイルランニングレース ミドルコース紹介
毎年参加させていただいている千羽海崖トレイルランニングレースに今年も参加させていただきました。今年で8回目の開催なのですが、今回から新たに20kmのミドルコースが新設されましたので、そのミドルコースを走ってきました。きつかったけど楽しいコースでした。 今回の記事ではコースの詳細を紹介しております。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする