USJエクソシスト~悪魔祓いの館~体験談(ネタバレあり!)~ホラーナイト2017体験談シリーズ④~


今回のお話

今回はUSJのハロウィンの期間に開催されている、ハロウィーン・ホラー・ナイト(開催期間9/8~11/5)をエッセイ風に紹介する体験談④です。第4回目の今回はエクソシスト~悪魔祓いの館~を紹介したいと思います。今回もネタバレを大いに含むのでご注意願います。

※前回の体験談③でエルム街の悪夢・THE・MAZE3を紹介してます

USJエルム街の悪夢・THE・MAZE3体験談(ネタバレあり!)~ホラーナイト2017体験談シリーズ③~
USJのハロウィンの期間に開催されている、ハロウィーン・ホラー・ナイトアトラクション体験談、第三弾です。今回はエルム街の悪夢を紹介します。前回のチャッキー同様、エルム街の悪夢もシリーズとして続いていますね。2017年は、「エルム街の悪夢・THE・MAZE3」と題されていました。第三回の今回もエッセイ風に書いてみました!読んでいただけると嬉しいです!!

エクソシスト~悪魔祓いの館~情報

「悪魔に取り憑かれた少女がいる

そんなことを聞いてしまうと放ってはおけない、詳細を知る為、すぐに調べてみた。

エクソシスト~悪魔祓いの館~
[ ホラーレベル:5 ]

悪魔に憑かれた少女を襲う
衝撃の現実から目を逸らすな。

不穏な空気漂う、一軒の館。そこには、悪魔にとり憑かれ変わり果てた姿の少女がいた―。屋敷へ足を踏み入れ目撃するのは、壮絶な“悪魔祓い”の儀式。少女の身に起こる恐ろしい現象、思わず目を逸らすショッキングなシーンの連続に、身も心も凍りつく…! 邪悪な悪魔から少女を救う、恐怖のミッションを遂行せよ。

出展元:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

この悪魔に取り憑かれた少女はリーガンちゃんというらしい。かわいそうに。。。早く悪魔を追い出して助けてあげなければ!

そして、僕たちは再び館へ向かった。

この儀式もお昼の12時から行われるとのことだったが、僕たちはエルム街の悪夢と同じタイミングで事前に整理券をもらっていたので、指定された時間に行った。相方のKはこの少女も助けるつもりだったらしい。

館の前につくと、整理券を持っていたのですぐに入れた。中へ入り列へ並ぶ。先ほどのエルム街の悪夢と同じ階段を上がるが、並ぶ列が変わっている。そして、壁には怖い顔をした少女のポスターが。この子がリーガンちゃんだろう。こんな怖い顔をしているが、本来は可愛らしい少女のはずだ。早く元の可愛い顔に戻してあげなければ!

列が進む。リーガンちゃんが苦しむ館の入り口はもうすぐそこだ。

横では、また相方のKが何やらスマートフォンで調べものをしている。これから行われる儀式について調べているのかもしれない。よし、自分もしらべ・・・

「首とか一回転するらしいで!あとな、ブリッジで階段下りてくるらしい!」

だから、、、このタイミングでネタバレ記事読むのやめようよ。。。エルム街の悪夢の時もだが、もう2、3分で中に入れるじゃないか。。。

また肩の力が抜けてきたが、悪魔に取り憑かれた少女を救わないといけない。気合いを入れ直した。

入り口の前につくと、紐を渡された。今回もエルム街の悪夢同様、グループを紐で持って進むスタイルのようだ。

そして今回も僕たちは7名のグループになった。先頭に女性二人組、そして僕たち、僕たちの後ろに若い男性3人グループという編成。この日、ホラーアトラクションをめぐってきたが、初めて男性が多いグループとなり、心強かった。

入る前に説明があった。

「中に神父がいます。神父と一緒になってリーガンを助け出してください」

(わかっている!言われなくてもそのつもりだ!)

僕たち7人は館の中へ進んだ。

館の中へ

中に入ると洋館というか、家っぽい。入ってすぐの部屋にリーガンと思われる少女の写真などが置かれている。この時はまだ可愛らしい普通の少女の顔。

(早くこの顔に戻してあげなければ!)

先へ進もうとしたが、先頭の女性グループがかなり怖がっていた。

「あの、ゆっくりでいいですか?」

もちろんだ。先ほどのエルム街の悪夢の時は先頭の男女が勇敢すぎてかなりのオーバーペースとなったが、本来、それが普通だろうう。

「ゆっくりいきましょう」

ゆっくりと先へ進む僕たち、壁には絵画がかけられている。

(なんの絵だろう?)

と思っていたら、

ドン!!

「きゃああああー!!」

「ぎゃああああー!!」

絵画が開いて横からよくわからないやつが出てきた。これが悪魔なのだろうか。

先ほどフレディに散々驚かされたのでこの程度では驚かなくなっていたが、先頭の女性達はこれにやられてしまったようである。さらにペースが遅くなった。

遅いペースで先へ進む僕たち。この先も絵画から出てきた奴が所々で脅かせてくる。しかし、こいつは一体誰だ?何回も出てくるということは重要なやつなのだろう。映画を見て確認しようと思う。

そしてベッドで眠る少女がちらほら出てくるようになる。これがリーガンか。先ほど絵画から出てきたよくわからないやつに取り憑かれているのか。

(可哀想に、早く神父さんと合流して助けてあげなければ!)

僕たちは先を急いだ。

さらに奥へ

さらに進み部屋に入ると、部屋の左手に階段が。

(この階段、なんか見たことある)

そう思った時だった。なんとリーガンと思われる少女がブリッジをしながら頭を下にして下りてくるではないか!凄いスピードだ!

「危ない!そんな下り方したら怪我する!階段は普通に下りろ!!」

と言おうとしたが、一瞬で階段を下りきっていた。

(凄い速かったな。きっと、めっちゃあの下り方練習したんやろ・・・)

ドン!!

「ぎいやぁぁぁああああー!!」

「ぎゃややややああああー!!」

なんと、目の前に先ほど階段を下りた少女、リーガンが!

さっきのアクロバティックな下り方を褒めて欲しいのか?その顔は

「私、すごかったでしょ?今の階段の下り方、すごかったでしょ!?」

と褒めて欲しいのか?確かに凄かったが褒めることはできない。あんな下り方は危ない。注意しようと思ったが、先頭の女性グループがあまりの恐怖に部屋を飛び出していた。

(次会ったときに注意しよう)

そう思って部屋を出た時である。

「いややーこわいーT_T」

横で相方のKが泣いていた。人は怖すぎると泣いてしまうようだ。

しかし、あなたはつい数分前、ネタバレ記事を見ていたじゃないか!

そして、今のはまさにそのシーンのなので、ある程度の予想はできたはずだ。それなのに泣いてしまうとは何事だ!まあ、これも悪魔の仕業か。先頭の女性グループの足も完全に止まってしまった。

先頭の女性グループが動き出すのを待っていたとき、前から一人の女性がやってきて、僕たちの紐をつかんだ。明らかに何かをするつもりだ。

(この人はなんだ!悪魔には見えないが・・・)

「ペースが遅いです。急ぎましょう!」

そういって僕たちパーティをぐいぐい引っ張っていくではないか。まさかのスタッフさんだった。ペースが遅いとこういう対応になるのか。。。

しかし歩くのが速すぎて、途中、驚く仕掛けのタイミングが明らかに合わなかった部分があった気がする。何かもったいないなぁと思いながらスタッフさんに引っ張られ僕たちは進んだ。 


脱出

遅れを取り戻すとスタッフさんはいなくなった。場所はリーガンの部屋らしきところに思えた。リーガンがこちらに背中を向けて座っている。ちょうどいい。さっきの階段の下り方を注意しなければいけない。

「さっきの下り方やけど・・・」

そう言おうとしたとき、首がくるりと回転し、体の方向はそのままで、顔だけがこちらを向くではないか!

「きゃあー!!」

驚く女性たち、しかし僕は思った。

何て失礼なやつだ!!

それが人の話を聞くときの態度か!ちゃんと体ごと正面を向かないと失礼だということがわからないのか!この子にはいろいろと教えることが多そうだ。

注意しようとしたが、先頭の女性が紐を持って部屋を出るので僕たちもついていかないといけない。次に会った時こそ注意しよう。そう思い、先へ進んだ。

その後、先頭の女性グループの方がなんとか頑張って僕たちを引っ張ってくれ神父さんの元に辿りついた。

「隣の部屋でリーガンが寝ています。この聖水をかけて悪魔を追い出してください」

神父さんはそう言って聖水の入ったコップのようなものを若い男性グループの一人に手渡した。神父さんが選んだ彼は、好青年に見えた。きっと彼ならしっかり聖水をかけてくれるだろう。僕たちは部屋の中へ入った。

中へ入ると、リーガンが寝ていた。動く気配はない。

「もうかけてええんちゃう?」

そう男性グループの一人が言った。

聖水をかける青年。しかし、動きがない。

「もっかいかけたら?」

そう言われ、青年がもう一度聖水をかけようとしたとき、突然リーガンが起き上がり僕たちに向かって大量の水を吹き出してきた。

「きゃああああー!!」

びしょ濡れになる僕たち。しかし、僕は思った。

こいつはどこまで失礼なやつなんだ!!

青年は助けようと思って聖水をかけたのだ。それなのに何だ、その態度は!青年の優しさに対する態度がそれか!!

言ってやらないと気がすまない。

「おい!」

と言おうとしたとき、さらに水を吹き出してきた。もう、ただの悪ガキにしか見えなかった。

急いで部屋を出る女性、そしてついていく僕たち。今回は注意できなかったが、来年はちゃんと注意しないといけない。そうしないと・・・

「うわあああー!!」

先ほどの男性の声。振り返るとリーガンが追いかけてきていた!さっきまで病気な感じで寝てたのに、すごく元気そうだ!

「きゃああああー!!」

逃げる僕たち、しかし、リーガンはとっても元気な感じで追いかけてくる。さっきまで寝てたくせにあの元気さは何だ!あいつ、仮病に違いない。

助けてあげようとしても水吹いてくるような奴なので逃げるしかない。無我夢中に逃げる。

すると、いつの間にかリーガンがいなくなっていた。どうやら無事に脱出できていたようだった。

そして最後に箱のようなものがあり、ここで紐を返す。これはエルム街と同じだ。同じ手口に引っかかってたまるか。

(おい悪ガキ、どうせ紐返したときに出てくんねやろ?もうびっくりせーへんからな)

紐を返す。しかし、リーガンが出てこない。

(あれ?今回はなしか。まあ、毎回同じやったら飽きられるし・・・)

ドン!!

「どぅわぁあー!」

やられた。。。時間差。。。これが一人時間差というやつか。バレー用語だと思っていたが、ここでも使われているらしい。

今回、最後少女は追いかけれるくらいまで元気になったので救出成功ということだろうか。ただ、注意しなければいけないことが山ほどあるので、また来年もこないといけない。ここは彼女の家っぽかったので来年もいるはずだ。

これで、デッドマンズフォレスト、カルトオブチャッキー、エルム街の悪夢、エクソシストを制覇。しかし、僕にはどうしても許せない女が一人いた。

(貞子。。。お前は絶対に許さない)

貞子がホームとしている場所、井戸。

貞子、お前は当然のようにそこから出てきているが、そこはお菊さんの場所だ!昔、井戸から出てくる幽霊と言えばお菊さんと相場は決まっていた。しかし、お前が有名になりすぎて、今は井戸と言えば貞子という感じになっているではないか。お菊さんも悲しんでいるはずだ。

(お菊さんファンとして、断じて許すことはできない)

僕はお菊さんの無念を晴らすため、貞子の元へ向かうのだった。

※体験談⑤、貞子xターミネーターの記事はこちらです↓

USJ貞子xターミネーター体験談(ネタバレあり!)~ホラーナイト2017体験談シリーズ⑤~
USJのハロウィンの期間に開催されている、ハロウィーン・ホラー・ナイトアトラクション体験談、第五弾です。最終回の今回は貞子×ターミネーターを紹介します。ずっと続いているシリーズなので、今後も続いてくれると願っています。また、綾小路麗華さんのファンの方いっぱいいらっしゃると思うのですが、その方々にもオススメです!最終回の今回もエッセイ風に書いてみました!読んでいただけると嬉しいです!!

おわりに

ハロウィーン・ホラー・ナイト、エクソシスト~悪魔祓いの館~を紹介してみました。今回のパーティーは男性が4名と多かったので、やはり心強かったです。

エクソシストの所要時間はエルム街と同じくらいに感じましたが、かなり遅いペースで進んだので実際にはエルム街の方が長いかもしれません。

これも怖かったです、記事ではふざけて書いているのですが、リーガンが階段下りて、目の前に出てきたときは本当にびっくりした。全体を通せば、同じホラーレベル5のチャッキー、エルム街の悪夢より怖くなかったかもしれませんが、これは慣れてきたというのもあると思います。

最後、紐返すときは時間差にやられましたがやはり、最後まで気を抜いたらダメですね^^;

エクソシストの悪夢の待ち時間ですが、エムル街と同じく朝に整理券をもらっていたので待つことはありませんでした。朝から来て整理券をもらっておくのが良いと思います。

整理券が配られる場所はエルム街と同じステージ22です。アトラクションがある場所ではないです。

次は貞子さんを紹介しようと思うのですが、記事にも少し書きましたが、僕はお菊さんが大好きです^^;

正確には「皿屋敷(お菊の皿)」という落語が大好きです。父親が大の落語ファンで、その影響でよく子供の頃から落語を聞いていたのですが、皿屋敷は1,2を争うくらい好きな演目です。枝雀さんのも春団治さんのも面白かった。なので、井戸から貞子さんが出てきたときは、本当にいろんな意味で衝撃でした(笑)

次回はその「貞子xターミネーター」を紹介したいと思います。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする