高槻JAZZ STREET2017に出演させていただきました!


今回のお話

今回はエッセイではなく、高槻ジャズストリートへ出演させていただきましたのでその様子を紹介させていただきます。

今回で、ありがたいことに三年連続の出場となりました。そして今回は5/3,5/4の両日共に出場させていただきました。

ハプニングもあったりしていっぱいミスったけど、本当に楽しかったです!

高槻ジャズストリートとは

毎年ゴールデンウィークの二日間、大阪の高槻市で解散されるプロ、アマ問わず参加できる音楽イベントです。

1999年から始まり今回は19回目とのことで、19回目の今回は全63会場、延べ4000人のミュージシャン、800を超えるバンドが集まったそうです。

このイベント、すごいのがアマはもちろん、世界で活躍するプロミュージシャンのライブも全て無料で観れるところです。こんなイベント、ちょっとないですよね。

また、運営にかかる費用の大部分をTシャツなどの物販でまかなっているそうなんです。実行員会の皆様すごいですよね。。。

この二日間は高槻の街全体が音楽であふれます。本当に、凄く素敵なイベントです。

高槻ジャズストリートの様子

一部しか回れなかったのですが、紹介します。

JR高槻駅、こんな感じになってます。

駅など、いろんなところでパンフレット配られています。

実際の演奏の様子こんな感じになります。

阪急高槻市駅前です。凄い人が集まってました。これだけの人を集めるので、当然ですが、凄く演奏上手かったです。おそらくプロの方だと思います。

阪急高槻市駅の構内でもライブしてます。同じく凄い人です。

阪急高槻市駅のバス亭横です。このような特設ステージが至るところにあります。

炭摂屋(たんとや)さんっていう炭火料理のお店でもライブしてました。実はここ、公式会場ではないみたいなんです。ですが、凄く盛り上がってました。

JAZZギター仲間が結成しているバンド、DWA DWA!!さんです。今年出演されるということで応援に行ってきたのですが、お客さんいっぱいで盛り上がってました!演奏もとても上手で素敵でした!!

仲間の良い演奏を聞くと、やっぱり刺激になりますね。

露店でTシャツなど販売しております。出演させていただいているし、少しでも売り上げに貢献したいので、僕も相方と一緒にTシャツを購入しました。

毎年ですが、Tシャツかっこいいんです。確かデザインは公募だったと思います。こういうのデザインできる人って凄いですね。

以上、ほんの一部ですが回れたところを紹介させていただきました。それでは、僕たちの紹介をさせていただきます。

1日目

今回は二日間ともに出演させていただいたんですが、セットリストは同じで以下で演らせていただきました。

1.Bag’s Groove

2.Moanin’

3.Feel Like Makin’ Love

4.Days Of Wine And Roses

5.Take Five

6.Autumn Leaves

7.Isn’t She Lovely

8.Hideaway

相方が⬇️を作成してくれるので、演奏中は足元に置いときます。

5/3はMUSIC SQUARE 1624 TENJINさんに出させていただきました。

フライヤーに僕たち「String Winders」の名前が!テンション上がります!

中へ入ると僕たちの前のバンドが演奏されてました。凄く上手でした。前の方が上手だと緊張してしまいます。。。

出番がきたので、準備して頑張ります!!

演奏開始!!

使用したギターは僕がGretschテネシーローズ、相方がギブソン ES-335です。

緊張したぁ。。。でも、3曲目くらいから落ちつけました。僕たちの目の前に座ってた方がJAZZスタンダード大好きな方で、僕たちの演奏に合わせて歌ってくださってました。

後半の方の曲はかなり全力で歌ってくださって、初めての経験で少し戸惑ってしまったのですが、楽しんでくださっているのがわかって、こちらも楽しく演奏できました。

そしてその方が演奏終わった後、「凄く良かった!」と、なんと3000円もくださいました!面識のない方だったのですが、凄く嬉しかったです。打ち上げに使わせていただきました!本当にありがとうございました!!

1日目は大きなミスもなく、楽しく演奏できました。Duoでの演奏もかなり慣れてきたなと思ってたのですが、二日目やらかしてしまいます。。。下手くそが油断したらダメですね。。。


2日目

5/4は野外の高槻Museイベント広場で演奏なので、機材持ち込みになります。

心斎橋のベーオンアメ村店さんにアンプ借りに行って

愛車でアンプを高槻まで運びます。アンプはJC-120(僕)とフェンダーツイン(相方)です。

会場こんな感じになります。

この会場、1日3組だけなんですが、前の2組ともPOPS演ってらっしゃったので、JAZZは僕たちだけでした。

会場の近くで出番まで待機。

出番が来たので準備して演奏開始!!

使用したギターは僕が前日と同じGretschテネシーローズ、相方はD’Angelicoのフルアコ(詳細わからないので聞いておきます)です。

この日、風が凄い強くてやりにくかったです。風を気にしながら演奏していたのですが、2曲めのMoanin’を弾き始めた時、凄くハウリングしました。

このまま演り続けようかとも思ったのですが、弾き慣れている曲だし、演奏しながら音量調整してたら、激しくミスってました(T . T)

多分、これまでにないくらいミスった。下手が調子乗ったらダメだと痛感です。。。

そして、4曲目のDays Of Wine And Rosesの途中、

強風で楽譜が吹っ飛びました!!

この曲、暗譜してなかった。何もご丁寧に暗譜してない曲の時に飛んでいかなくても。。。

目の前に心優しい会社の後輩が座ってくれていたので、目で「ごめん!楽譜とって!」って目で合図したらすぐに拾ってくれました。

さすが大好きな後輩ひらぴーです。思いを汲み取ってくれました。本当に助かった。

↓楽譜を拾ってくれる心優しい後輩ひらぴーです。

でも、楽譜をセットする間、相方を一人で演奏させてしまった。本当にごめんなさい。次、野外でやるときは絶対に同じことはしません!!

また飛んだら嫌なので、後半は楽譜を足元に置いて演奏しました。前半やらかしまくったので、後半は開き直って演奏できました。最初からこの感じでできていれば。。。でもこれも経験ですね。

演奏終わってから、二日間を共にやりきった相方と写真撮ってもらいました。

いろいろとあったこの二日間ですが、良い経験をたくさんさせてもらって勉強になったし、何より楽しかった!来年も絶対に出たいと思います!

最後に、僕たちの演奏まだまだ拙いですが、連休の忙しい中にもかかわらず来てくださった皆様に感謝です!来年はもっと良い演奏できるように頑張ります!

本当にありがとうございました!

おわりに

少しだけ一昨年と去年の紹介を。

一昨年はBig Dipperというバンドで、高槻ジャズストリートに初出演させていただきました。会場は今回の1日目と同じMUSIC SQUARE 1624 TENJINさんです。

ミスもいっぱいしましたが、楽しく演奏できました。またこのメンバーでも出たいです。

去年はギターデュオで初出演!場所は今回の2日目と同じ高槻MUSEイベント広場です。

この時、楽譜は飛ばなかったのですが、凄い緊張したの覚えてます。今回はこのときよりは余裕もってできました。でも、先ほど書いたようになりましたが(T . T)

来年は絶対に同じ失敗はせずに、良い演奏したいと思います!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする