池手名 伊三(いけてな いぞう)物語③【熱帯魚編】 ~うっとしいおっさんが行く~


今回のお話

架空のうっとしいおっさん、「池手名伊三」シリーズ第3弾です。今回は同期社員の新居に遊びにいくという設定で描いてみました!

同期の新居へ

「池手名、いらっしゃい」

「お待ちしておりました。どうぞお上がりください。」

玄関のドアを空けると、同期の田中とその妻が迎えてくれた。

「すみません。おじゃまします。」

広めのキレイな玄関には、新築の香りが漂っていた。

いぞうの同期、田中はいぞうと同い年の40歳。いぞうは開発部門だが、田中は営業部門である。33歳の妻と、小学2年生の息子がいる。これまでは賃貸のマンションに住んでいたが、この度、立派な一戸建てを購入した。

この新居にいぞうが招待され、今日、お邪魔しにきたという流れである。

「奥さん、本当に、広くてキレイで素晴らしいお宅ですね。あ、これ、つまらないものですが」

そう言って手土産の日本酒を渡すいぞう。

「え?そんなのよかったのに。気を使わせてしまってすみません。でも、ありがとうございます。」

「田中も奥さまも日本酒がお好きということで、灘の地酒をお持ちしました。」

「すまんな。気を使わせて。美味しくいただくよ。もう一つ持っているその大きな袋に入った箱みたいなものは?」

「これはゆうとくんへのおみやげなんだ、後で渡すよ。」

ゆうととは、田中の小学2年生の息子である。

「そうか。ありがとう。今日は初めて人を招待するんで、同期で仲の良い池手名、池田、黒田の三人にきてほしくてな。同じ同期でも、営業の連中だとどうしても仕事の話になるからな。」

池田と黒田というのはいぞう、田中の同期である。いぞう、池田、黒田ともにSE(システムエンジニア)だが、田中は営業である。

「池田と黒田、プログラムの不具合対応で出社してて、終わり次第きてくれるらしい。池手名、お前は大丈夫だったのか?」

「あいつらは根っからの仕事人間で、まったく遊び心がないんだよ。本当にできる男というのは休みの時間を大切にする。だから、僕は絶対に休みの日は職場に行かない。ONとOFFの切り替えは大切だからね。休みの日、しっかりOFFにしているからこそ、ONにしたとき、良い仕事ができるんだよ。違うかい?」

「その通りだと思う。」

「池手名さんって、どこか卓越してらっしゃいますよね。」

「いえ、そんなことないですよ。当然のことなんで、あいつらにも言ってるんですがね。」

今、まさに休みを返上し不具合対応で頑張っている池田と黒田。この不具合の原因を作っているのは、実はいぞうのプログラムである。今頃原因がわかり、腸が煮えくりかえってるに違いない。

「池田と黒田、もうしばらく来れないかもしれないんで、始めようか。」

今日は田中家がもてなしてくれるということだった。

「そうだな。そうしよう。土曜日の昼から美味しい料理でお酒が飲めるなんて、本当に幸せだ。」

自分のプログラムで不具合を引き起こし、何の罪もない二人を働かせておいて酷い男である。

「準備しますね。」

そうして、宴会準備がはじまった。

宴会準備

「何か手伝おうか?」

いぞうが腰を上げようとする。

「いや、ゆっくりしててくれ。」

田中と田中の妻がキッチンとリビングを往復し、せっせと準備してくれている。

「おじさん、お魚みてー!」

「そうそう、この前言ったけど、ゆうとが熱帯魚をほしがってね。飼いだしたんだよ。生き物を育てていると勉強になることが多いから、ゆうとにとっていいことだと思ってね。」

「熱帯魚の話、覚えてたよ。生き物を育てるということは、勉強になるからね。僕も今日、ゆうとくんに生き物を通じて教えてあげたいことがあってね。お土産に熱帯魚を持ってきたんだ。」

「ほんとに!やったー!!」

「ありがとうございます。よかったねー。ゆうと。」

「うん!!」

「池手名悪いな。ありがとう。あ、すまん。氷がなかった。池手名はウイスキーだったな。ちょっと氷を買ってくる。ゆっくり魚を見ててくれ。」

「大方の準備終わったから早く戻ってきてね。」

「ああ」

田中が氷を買いに出ていった。

熱帯魚

「おじさんこっちだよー!」

広めのリビングで、対面式になっているキッチンの向かいにダイニングテーブル。そして、その反対側の奥に熱帯魚の水槽が置かれていた。

「これだよー!」

「キレイだねー。お魚達も楽しそうだ。」

「うん!!毎日元気に泳いでくれるんだよ。」

「ごはんもゆうとくんがあげるのかい?」

「そうだよー。今あげてみる。みててね。」

ゆうとが魚たちに餌をあげると、一斉に魚たちが群がってくる。

「みんな仲良く食べてねー。あー!またあいつがいっぱい食べてる!!」

見ると、少し大きめの魚が他の魚よりもあきらかに多く餌を食べていた。

「あいつがいっぱい食べるから、いつもちっちゃいやつがそんなに食べれないんだよ。」

「ゆうとくん、あの小さい魚達を見て可哀そうだと思うかい?」

「うん。だっていつもちょっとしか食べれないんだよ。」

「なるほど。でもね、あの大きな魚が悪いわけじゃないんだよ。」

「どういうこと?」

「小さな魚が餌を食べれないのは、大きな魚より弱いからだ。強い方が勝つんだよ。これはね、自然の法則なんだ。そして、強い方が勝つという法則は、この水槽の中だけじゃない。ゆうとくんやおじさんが生きてる、人間の世界にもあてはまるんだよ。」

「そうなの?」

「そう。少し難しいかもしれないけど、世の中には強者と弱者しかいない。必ずどちらかに分類されるんだ。そして、強者は勝ち続け、弱者は負け続ける。今までも、これからもね。」


強者と弱者

「うーん。。よくわからない。」

「言葉では難しいんだ。今から見せよう。強者と弱者がよく理解できるはずだ。いいかい、水槽から目を離すんじゃないよ。」

「わかった!」

そして、持ってきた魚を熱帯魚の水槽の中に入れる。

バシャバシャッ!! バシャッバシャッ!!

大きな音を立て魚が水面下へ潜っていく。。。

「え?おじさん!おじさーん!!食べられてる!僕のお魚食べられちゃってるよ!!

「目を離したらダメだ!しっかり見るんだ。いいかい、負けるというのはこういうことなんだ。弱者になったらこうなるんだよ。食うか、食われるかだ。

「うわーん!うわあーーん!!ママーー!マーーマーー!!うわああん

「泣いたらダメだ!しっかりこの光景を目に焼き付けるんだ!いいかい、今、目の前で・・・」

「どうしたのゆうと!!」

血相を変えて母親が水槽の方へやってくる。

「ママ—!おさかながー、おざがながあああ

「お魚がどうし・・・」

「ちょっと!なによこれ!!」

「おじさんがあああああ」

「なんで熱帯魚の水槽にピラニア入れるんですか!!」

「いや、ピラニアも熱帯魚と言えば熱帯魚なわけで・・・」

「ジャンルが違いすぎるでしょーが!!しかもそれ、ノーマルのやつじゃないでしょ!何か、より強そうに見えるんですけど!!早く出してください!!」

「今、強者と弱者について教えておりまして、まだ途中で・・・」

「なんですかそれは!ああ、もう半分くらい食べられてる!!おい!おっさん!!早くそのアマゾン出身の逞しそうなやつ水槽からだせよ!!

「小さい熱帯魚達の反撃が始まるかもしれませんよ。」

「始まんねーよ!バカかテメー!ああ、ヒーターのケーブル噛みちぎられてんじゃねーか!おい!早くその淡水のギャング外出せよ!!」

「ママ—!まーーまああああ!おざがなあああああ」

「おい!おっさん!早く出せって言ってんだよ!!おい!!目ぇ閉じて考え込んでんじゃねーよ!!おい!聞いてんのかよ!おい!!おっさん!!おっさん!!!!」

「おーざーがーなあああああ」

彼の名は、「池手名 伊三(いけてな いぞう)

分類先は、弱者である。

おわりに

今回、この記事を書くにあたり少しピラニアについて調べたのですが、ピラニアっていろいろ種類がいるんですね。僕は一般的?な⬇️しか知りませんでした。

この写真のピラニアはピラニア・ナッテリーというそうで、実は臆病な性格らしいです。凶暴なイメージあるので意外でした。記事に登場させたピラニアはブラック・ピラニアと言って、イメージ通り凶暴で50cmになるものもあるそうです。

ブラック・ピラニアは他の魚との混泳は不可とのことです。もしさせたら記事のようになってしまうかもですね^^;

あと、水槽のヒーターなどのケーブルを噛みちぎったりするそうです。ピラニア・ナッテリーも臆病ですが、やはり他の魚との混泳は避けた方が良いとのことでした。

ピラニアを飼う場合は基本的に混泳は避けた方が良さそうです。当然ですね(笑)

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする