お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記173〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して334日目。

酔ってて覚えていないは大概うそだと思います。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記172〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記173

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒334日目。

先日、元AKBの方が経営するラーメン屋さんでセクハラ行為があったとして元AKBの店主がラーメン評論家の方を提訴したという記事を見た。自身のSNSにラーメン屋さんの営業妨害とも取れる内容を書き込んだり、断られているのに首から下の写真を勝手に撮ったりしたようだ。

詳細を理解しているわけではないが、僕は提訴された「ラーメン評論家」が全面的に悪いと思っている。このラーメン評論家は「写真を撮ったことを酔ってて覚えていない」と言ってるみたいだが、この言葉を使う人を僕は信用しない。なぜなら、「酔ってて覚えていない」というのは大概嘘で、自分にとって都合が悪いときに使う常套文句だからだ。

酒飲みは、「酔ってて覚えていない」と言えばとりあえず許されると思っている。迷惑をかけられたシラフの人からすればとんでもない話だが、酒飲みは酒のせいにしてすべてから逃れようとする。しかし本当にブラックアウトしてしまって覚えていないのは稀で、大概は「やってしまったなー」ということを覚えている。

僕も大酒飲み時代、たまに使っていた。「よく覚えていないんですが、昨日はやらかしたようで。。。すみませんでした」

と、何度謝ったことか。この「よく覚えていないんですが。。。」と冒頭につけることで罪が緩和されると信じているから、その体で謝ったものだ。本当は覚えているのに。。。

このラーメン評論家に良い印象が持てないのは「謝罪がない」ということだ。撮った写真があるので写真を撮ったのは事実なのだから、いくら「酔って覚えていない」と主張しても(本当は覚えていると思うが)、その行為については謝罪すべきだ。しかし、悪いのは酒で自分じゃないというスタンスなのか、謝罪はないらしい。

これは論外だ。まず、謝罪があってしかるべきだ。なので、元AKBのラーメン店主さんが提訴するのは当然だと思う。

あと、全部酒のせいにして逃げようとしてる人は、例えば酒を飲んでないときに何か悪いことがあったときでも「こいつが悪いんです」とほかの誰かに責任転嫁して逃げるのではないかと思ってしまう。

酒にすべての罪をなすりつけて逃げようとしている人でも、普段は酒が大好きなはずだ。ということは、大好きなものに平気で責任転嫁できるということだ。なので責任をおしつける対象が大好きな女性になって、「全部こいつが悪いんです」と言いかねないと思う。というか、言うと思う。

やはり、こういった人間は信用できない。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記174〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-