お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記156〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して311日目。

お酒の買取業者とかあるのですね。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記155〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記156

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒311日目。

このブログでは禁酒について発信しているが、たまにASPさんから広告掲載のお誘いがある。「うちでこんな広告取り扱ってますけど、どうですか?」というものだが、先日、お酒の買取専門業者さんの広告掲載をおススメされた。

このときに始めてお酒を専門に取り扱う買取業者さんがあることを知った。もう酒をやめているので家に酒はないが、価格表を見るとよいお酒であればけっこう高値で買い取ってくれるようだ。例えば、サントリーの知多ウイスキーなら2000円。ヘネシーXOや響なら1万円を超えるものもあった。

よいお酒を味わって飲む方がアルコール依存症になるイメージはなかったが、どんなお酒であっても飲み続けていれば依存してしまうようだ。なので、お酒をやめる決断をしたときに家によいお酒が残っている方はこのサービスを利用するべきだと思う。

ただ、僕は良いお酒を味わって飲むタイプでなく安酒を大量に飲むタイプだった。(アルコール依存者の大半はこのタイプだろう)

なので僕がお酒をやめるタイミングでこのサービスを知っていても利用できなかった。だって、価格表に「トリスウイスキー」や「かのか」や「いいちこ」は残念ながらなかったので。。。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記157〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-