お酒 禁酒日記

アルコール依存者の禁酒日記154〜酒からの脱却〜

酒との戦いの記録を残すため『禁酒日記』を書いている、『禁酒ブロガーさかもと』と申します。

禁酒を再開して309日目。

飲まない日をつみかさねが大事です。

前回の記事こちらです↓

アルコール依存者の禁酒日記153〜酒からの脱却〜

続きを見る

禁酒日記154

2020年11月21日に禁酒を再開し、禁酒309日目。

今、「お酒を飲みますか?」と聞かれたら「いや、酒は飲みません」と同等と答えることができる。しかし、禁酒に失敗していたころは、「今、酒をやめてるんです」と答えていた。今思うと、「今、酒をやめてるんです」と答えるマインドに失敗の原因があったと思う。

以前読んだ『複利で伸びるひとつの習慣』にも書かれていたのだが(例はタバコだったかもしれない)、「今、酒をやめているんです」という言葉の裏には「自分は酒を飲む人だ」という認識がある。自分のことを「酒を飲む人」と思っている限り、酒をやめることはできないと思う。これに対し、「いや、酒を飲みません」というのは「自分は酒を飲まない人」と信じている発言だ。これは大きく違う。

禁酒に限らず、ダイエットにしても、「こうなりたいなぁ」と結果だけを求めて行動してしまうと失敗するようだ。「お酒をやめたいなぁ」、「やせたいなぁ」と思っているだけではそうはならない。自身のセルフイメージと矛盾する行動は長続きしない。大事なのは結果でなく、自分がどういう人でありたいかということ。つまり、セルフイメージを変えること。

根っこの部分で「自分は酒が好きで、酒を飲む人だ」と思っているから禁酒がしんどくなる。そして過去の自分はそうだったと思う。今は「酒なんていらないし飲みたくない」と思えている。自身でそう思えているから、酒を飲まないのがまったく苦でなくなっている。

セルフイメージを変えるには毎日の小さな積み重ねしかないと思う。「飲まない一日」を繰り返すことで自分を「飲まない人だ」と信じこませることができる。大酒飲みがある日突然「おれは酒を飲まない人だ!」とセルフイメージを変えようとしても、それは無理だ。一日一日、積み重ねる。それしかないと思う。

今日で積み重ねて309日。まだまだ積み重ねていこうと思う。

※次の記事はこちらです

アルコール依存者の禁酒日記155〜酒からの脱却〜

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-お酒, 禁酒日記
-