野球 高校野球

2021年 令和初となる第103回全国高校野球選手権大会の優勝校を予想してみました!

8/9(金)に開幕する、第103回全国高校野球選手権大会の優勝校を予想してみました!2020年はコロナの影響で中止となりましたので、今回が令和初の夏の甲子園ということになりますね。

2020年中止になりましたので、今大会が楽しみです!

出場校

以下、今年の代表校になります。

北北海道 帯広農(39年ぶり2回目)

南北海道 北海(4年ぶり39回目)

青森 弘前学院聖愛(39年ぶり2回目)

岩手 盛岡大附(4年ぶり11回目)

秋田 明桜(4年ぶり10回目)

山形 日大山形(4年ぶり18回目)

宮城 東北学院(初出場)

福島 日大東北(18年ぶり8回目)

茨城 鹿島学園(初出場)

栃木 作新学院(10大会連続16回目)

群馬 前橋育英(5大会連続6回目)

埼玉 浦和学院(3年ぶり14回目)

千葉 専大松戸(6年ぶり2回目)

東東京 二松学舎大附(3年ぶり4回目)

西東京 東海大菅生(4年ぶり4回目)

神奈川 横浜(3年ぶり19回目)

山梨 日本航空(13年ぶり6回目)

新潟 日本文理(2大会連続11回目)

長野 松商学園(4年ぶり37回目)

石川 小松大谷(36年ぶり2回目)

福井 敦賀気比(3大会連続10回目)

富山 高岡商(4大会連続21回目)

岐阜 県立岐阜商(9年ぶり29回目)

愛知 愛工大名電(3年ぶり13回目)

静岡 静岡(2大会連続26回目)

三重 三重(7年ぶり13回目)

滋賀 近江(3大会連続15回目)

京都 京都国際(初出場)

大阪 大阪桐蔭(3年ぶり11回目)

兵庫 神戸国際大附(4年ぶり3回目)

奈良 智辯学園(2大会連続20回目)

和歌山 智辯和歌山(4大会連続25回目)

岡山 倉敷商(9年ぶり11回目)

広島 広島新庄(5年ぶり3回目)

鳥取 米子東(2大会連続15回目)

島根 石見智翠館(2大会連続11回目)

山口 高川学園(5年ぶり2回目)

徳島 阿南光(25年ぶり2回目)

香川 高松商(2大会連続21回目)

愛媛 新田(初出場)

高知 明徳義塾(2大会連続21回目)

福岡 西日本短大附(11年ぶり6回目)

佐賀 東明館(初出場)

長崎 長崎商(5年ぶり8回目)

熊本 熊本工(2大会連続22回目)

大分 明豊(4年ぶり7回目)

宮崎 宮崎商(13年ぶり5回目)

鹿児島 樟南(5年ぶり20回目)

沖縄 沖縄尚学(2大会連続9回目)

最多出場は南北海殿の北海高校で39回、初出場校は、東北学院(宮城)、鹿島学園(茨城)、京都国際(京都)、新田(愛媛)、東明館(佐賀)の5校となりました。

春のセンバツ準優勝経験のある新田高校は夏初出場なのですね、意外でした。

それでは、有力校を見ていきたいと思います。

有力校

まず、今年の春センバツ出場校を見てみたいと思います。

春のセンバツ出場校

以下の13校が春夏連続出場となります。

北海、専大松戸、東海大菅生、敦賀気比、智辯学園、県立岐阜商、神戸国際大附、大阪桐蔭、京都国際、広島新庄、明徳義塾、宮崎商、明豊

センバツ優勝の東海大相模高校は残念ながらクラスター発生で出場辞退となりました。

上記13校の中で一番勝ち進んだのは準優勝した明豊高校。明豊高校は大会前それほど評価は高くなかったのですが、勝ち進むにつれてチーム力が上がっていった印象です。他にベスト8以上に勝ち進んだ高校を見てみますと、東海大菅生、智辯学園です。

春のセンバツベスト8以上に残った明豊東海大菅生智辯学園はまず有力校としてあがると思います。

上記以外で有力校を見てみると、まず上がってくるのは大阪桐蔭。春のセンバツは初戦で智弁学園に敗れてしまいましたが、その智弁学園を春の近畿大会で破り優勝、また、大阪大会の準々決勝以降はすべて接戦だったのですが、接戦を勝ち切る力も見せました。池田選手などを擁する全国トップレベルの強力打線を持ち、松浦投手、竹中投手など複数のピッチャーも全国トップレベル。まだ夏の登板はありませんが、150キロを超えるまっすぐを持つ関戸投手もいます。やはり、タレント揃いの大阪桐蔭高校は優勝候補筆頭にあがってくると思います。

他の春季地区大会優勝校を見てみると、関東大会優勝の専大松戸、北信越大会優勝の敦賀気比が出場していますね。この2校は春のセンバツも出場していますので有力校として挙がってくると思います。

その他の有力校

春のセンバツ出場校以外では智弁和歌山横浜に注目したいと思います。智弁和歌山は世代No.1のプロ注目投手、小園投手を攻略して和歌山大会を優勝。小園投手を打っているので伝統の強打は健在です。中西投手、伊藤投手と力のある投手が二人いるのも強みです。

激戦の神奈川を制した横浜も力があり、実力的にはセンバツ優勝の東海大相模と比べても遜色ないと思います。注目の左腕、金井投手には力強い真っすぐがあり、杉山投手、緒方選手など一年生も躍動する横浜高校。村田新監督の初采配にも注目したいと思います。

智弁和歌山同様に好投手を攻略した観点では、高知の明徳義塾も挙げられます。市和歌山の小園投手と遜色ない評価の高知・森木投手を攻略してきた明徳義塾。決勝戦の高知vs明徳義塾はバーチャル高校野球で観戦していた。もちろん、森木投手を打った打力も魅力なのですが、やはり明徳義塾は守備が素晴らしいです。高知高校との差は守りだと思います。そして、その差がそのまま出た試合のように感じました。全国トップクラスの打力があり、守備から崩れることのない明徳はこの夏も注目だと思います。

そして、注目の157キロ右腕、風間投手を擁する明桜にも注目したいです。小園投手(市和歌山)、達投手(天理)がいないので、この夏No.1の投手になってくると思います。本当に評判通りのボールなのか、風間投手がどんなボールを投げるのか楽しみです。

組み合わせ

3回戦までの組み合わせが以下に決まりました!

優勝校を予想してみよう

それでは、優勝校を予想してみたいと思います。私見ですが、有力としてあげたのが以下の10校です。

明豊、東海大菅生、智弁学園、大阪桐蔭、専大松戸、敦賀気比、智弁和歌山、横浜、明徳義塾、明桜

この10校はどこも力のある高校だと思うので上記の高校が勝ち進んでいくと思っていたのですが、なんと初戦から大阪桐蔭 vs 東海大菅生、そして明豊 vs 専大松戸。。。有力校として挙げたうちの10校のうちで2試合初戦から組まれてしまいました。。。これはもったいないですTT

初戦でそれぞれのどちらかが負けるので非常に残念ですが、大阪桐蔭と明豊が勝ち上がると予想します。

また智弁学園と横浜も同じブロックに入りましたが、大阪桐蔭に2回勝った実績のある智弁学園が総合力で上かなと思います。横浜は一年生や新監督など若さもありますが、逆にその若さがスキでもあるような気がします。近畿在住なので近畿びいきというのもあります^^;

明徳義塾と明桜も同じブロックに入りましたが、ここは明徳義塾が勝ち上がると予想します。明徳義塾は森木投手を攻略してきてますので、風間投手のまっすぐも打ち返す力はあると思います。また、当たるとすれば二回戦なので初戦のデータがとれます。名将・馬淵監督であれば一回戦の風間投手の投球をみてしっかりと対策を立ててくると思います。そして、その対策を実行できうる実力が明徳義塾の選手にはあると思います。

それ以外のは有力校が別れました。また、有力校と予想した高校が入っていないブロックは以下の二つです。

西日本短大付・二松学舎大付・京都国際・前橋育英

弘前学院聖愛・石見智翠館・浦和学院・日大山形・米子東

上のブロックは京都国際が勝ち上がると予想。京都国際は初出場ですが春のセンバツに出場し東海大菅生をもう少しのところまで追い詰めました。夏の京都大会をみても京都を危なげなく勝った印象で、春よりもさらに力をつけていると思います。しつこいようですが、近畿在住なので近畿びいきというのもあります^^;

下のブロックは浦和学院と予想。春季関東大会では優勝した専大松戸に敗れていますが、この夏出場の作新学院にはコールドで勝っています。このブロックでは総合力で頭一つぬけているかなという印象です。島根大会決勝戦でノーヒットノーランを達成した石見智翠館・山崎琢投手には個人的に注目していますので、石見智翠館と浦和学院が対戦することになれば面白い試合になりそうだと思っています。

これらを踏まえて、8強予想は以下としました。

京都国際、智弁和歌山、敦賀気比、浦和学院、智弁学園、明徳義塾、明豊、大阪桐蔭

そして、やはりこの中で軸となってくるのは大阪桐蔭だと思います。春のセンバツ大会初戦で智弁学園に敗退してから大阪桐蔭は負けていないんですね。春の近畿大会決勝ではその智弁学園に勝って優勝。また、練習試合ではありますが、高知高校とも対戦し、森木投手を攻略して勝っています。

打つ方だけではなく、エース左腕の松浦投手、そして右の竹中投手と安定感抜群の投手がいて、この夏はまだ登板がないですが、150キロをこえる真っすぐを持つ右の関戸投手もいます。圧倒的に有利と言われていた大阪大会では苦戦しましたが、それでも勝ち切る強さを見せました。

中でも準々決勝の金光大阪戦、準決勝の関大北陽戦は敗れていてもおかしくない展開でした。特に関大北陽戦は9回1死まで負けていて敗色濃厚の展開から池田選手のホームランで追いつき延長14回で逆転勝利。接戦になり、追い込まれても強いことを証明しました。春のセンバツ初戦敗退がさらに大阪桐蔭を強くした印象もあり、この夏、優勝候補筆頭になってくると思います。

大阪桐蔭の対抗としては、同じ近畿の智弁学園がまず挙げられるかと思います。大阪桐蔭とは昨秋の近畿大会、今春のセンバツ、今春の近畿大会3回対戦し、2勝1敗と勝ち越しています。大阪桐蔭同様、左の西村投手、右の小畠投手とエース級の投手が左右一人づついるのも強みです。大阪桐蔭と対戦があるところでは、智辯和歌山も今春の近畿大会準決勝で対戦しました。2-3で惜敗しましたが、拮抗した試合で力の差はないと思います。

ですので、奈良の智弁学園、和歌山の智弁和歌山の2校は十分に大阪桐蔭と渡り合える力があると思います。

ただ、戦績を見ると8強予想としてあげた他のチームも凄くよさそうなんですよね。。。センバツ準優勝の明豊は春のセンバツで智弁学園をやぶっていますし。。。だから、わからない^^;

わからないから、最後はやっぱり勘です笑

いつも優勝候補筆頭のチームを考えて、そのチームを倒せそうなチームを考えていて、今回は大阪桐蔭が優勝候補筆頭になります。なので、大阪桐蔭を倒せるチームを考えてみてそのチームを優勝予想にしようと思っていたのですが、この夏の大阪桐蔭はほんとに強い。。。予選からずっと見ていて気持ちが入っているのもあるのですが(^^;

ひいき目はあるにしても、この夏、大阪桐蔭が負けるイメージがどうしてもできなかったです。ということで、順当すぎる予想ですが

大阪桐蔭高校の優勝!

と予想したいと思います。

毎度のように最後は予想でなく期待になってしまいました笑

以上、僕は大阪桐蔭高校優勝と勝手な予想(というか期待)をしてみましたが、みなさまの予想する優勝校はどこでしょうか?アンケート作成しましたので、投票していただけると嬉しいです!

第103回全国高校野球選手権大会の優勝校は?

  • 大阪桐蔭(大阪) (48%, 10 Votes)
  • 智辯学園(奈良) (19%, 4 Votes)
  • 智辯和歌山(和歌山) (14%, 3 Votes)
  • 明豊(大分) (10%, 2 Votes)
  • 愛工大名電(愛知) (5%, 1 Votes)
  • 浦和学院(埼玉) (5%, 1 Votes)
  • 米子東(鳥取) (0%, 0 Votes)
  • 広島新庄(広島) (0%, 0 Votes)
  • 倉敷商(岡山) (0%, 0 Votes)
  • 沖縄尚学(沖縄) (0%, 0 Votes)
  • 松商学園(長野) (0%, 0 Votes)
  • 神戸国際大附(兵庫) (0%, 0 Votes)
  • 京都国際(京都) (0%, 0 Votes)
  • 石見智翠館(島根) (0%, 0 Votes)
  • 高川学園(山口) (0%, 0 Votes)
  • 樟南(鹿児島) (0%, 0 Votes)
  • 宮崎商(宮崎) (0%, 0 Votes)
  • 熊本工(熊本) (0%, 0 Votes)
  • 長崎商(長崎) (0%, 0 Votes)
  • 東明館(佐賀) (0%, 0 Votes)
  • 西日本短大附(福岡) (0%, 0 Votes)
  • 明徳義塾(高知) (0%, 0 Votes)
  • 新田(愛媛) (0%, 0 Votes)
  • 高松商(香川) (0%, 0 Votes)
  • 阿南光(徳島) (0%, 0 Votes)
  • 近江(滋賀) (0%, 0 Votes)
  • 三重(三重) (0%, 0 Votes)
  • 作新学院(栃木) (0%, 0 Votes)
  • 鹿島学園(茨城) (0%, 0 Votes)
  • 日大東北(福島) (0%, 0 Votes)
  • 東北学院(宮城) (0%, 0 Votes)
  • 日大山形(山形) (0%, 0 Votes)
  • ノースアジア大明桜(秋田) (0%, 0 Votes)
  • 盛岡大附(岩手) (0%, 0 Votes)
  • 弘前学院聖愛(青森) (0%, 0 Votes)
  • 北海(南北海道) (0%, 0 Votes)
  • 前橋育英(群馬) (0%, 0 Votes)
  • 専大松戸(千葉) (0%, 0 Votes)
  • 二松学舎大附(東東京) (0%, 0 Votes)
  • 静岡(静岡) (0%, 0 Votes)
  • 県立岐阜商(岐阜) (0%, 0 Votes)
  • 高岡商(富山) (0%, 0 Votes)
  • 敦賀気比(福井) (0%, 0 Votes)
  • 小松大谷(石川) (0%, 0 Votes)
  • 日本文理(新潟) (0%, 0 Votes)
  • 日本航空(山梨) (0%, 0 Votes)
  • 横浜(神奈川) (0%, 0 Votes)
  • 東海大菅生(西東京) (0%, 0 Votes)
  • 帯広農(北北海道) (0%, 0 Votes)

Total Voters: 21

読み込み中 ... 読み込み中 ...

おわりに

2021年、夏の甲子園がはじまります!

昨年楽しめなかった分、今年はすごく楽しみにしていました。球児のみなさまの頑張りを見て自分も元気をもらおうと思います!!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

さかもと

本業の傍らでシナリオも執筆するソフトウェアエンジニア。猫とギターをこよなく愛する。将来をよりよくするため、酒を断とうと試みては失敗を繰り返していたが、その失敗から学び、「酒はいらない」という境地にたどり着く。現在、酒の抜けた体で大好きな趣味を楽しみ中※過去、自身の禁酒の取組み方について日経新聞さんに紹介された実績があります

-野球, 高校野球
-