新幹線で多大なご迷惑をかけてしまったお話


今回のお話

今回は新幹線で迷惑をかけてしまった話を紹介します。
本当に申し訳なかったです。。。

音源作成を手伝うことに

今は活動を休止しているが、僕はBig Dipperという7人編成のバンドに所属している。このバンドのボーカルは20代の女性で、とにかく歌がうまい。

よくSuperflyのコピーとかやっていたが、難しい歌を難なく歌いこなす。後でギターを弾きながらその姿を見ては「凄いなこの子」といつも思っていた。

このボーカルの友達が結婚することになり、彼女が披露宴で歌をお願いされたとのこと。まあ、彼女の歌唱力からしてお願いされるのは当然だと思う。

そして、曲の作成もお願いされ、本番は彼女のオリジナル曲を歌うということだった。彼女の作曲で曲のメロディーは完成したが、曲に合うコード(和音)がつけれないということで、バンドメンバーの誰かにコードをつけてほしいという依頼がきた。

僕もたまに作曲するので、コードをつける作業とかよくやる。なので、僕が引き受けることにした。

曲のメロディーをもらったので聞いてみると、バラードな感じのステキな曲だった。付けれるコードは一つではなく、いろいろなコードを付けていくことができるが、知識もあまりないし、いらんことをせずに素直にコードをつけた。

これでコードをつけるという作業は終わりだが、本番はピアノの伴奏を披露宴会場で流して、その伴奏のみで歌うとのことだったので、このピアノ伴奏の音源まで作成することになった。

Macに標準でついている作曲用ソフト、Grage Bandを使用して音源を作成することにした。このソフトはフリーソフトだがいろいろできるので、当時は愛用していた。

「ジャーン、ジャーンとコードをシンプルに流すだけで良い」とのことだったので、それほど作業に時間はかからない。

ちょうど、この週の金曜日に朝一移動で東京出張が入っていたので、この移動時間で音源を作成してしまおうと思った。帰りの新幹線は飲んでしまうから、行きの時間に仕上げようと思った。約2時間半、十分な時間だ。

新幹線にて。。。

当日、Macを持ちこみ新幹線に乗り込んだ。早速、Grage Bandを立ち上げて、鳴らしたい音のところへ打ちこんでいく「打ち込み」という作業に入る。下のような画面で作業する。

鳴らしたい音の鍵盤を鳴らすように設定する。長さとか強さとかも設定できる。このような作業なので、実際にピアノが弾けなくても、打ち込みなら音源が作れてしまう。

もらったメロディーはiPhoneに入れていた。伴奏はMacで作成する。なので、少しめんどくさかったが、メロディーを確認するときはiPhone、伴奏を確認するときはMacという形でいちいちイヤフォンジャックを差し替えていた。

コードは既につけていたが、実際に音を聞いていると、少しコードを変えたくなったりしてくる。こっちのコードの方がいいかな?いや、こっちがいいかな?と「ジャーン、ジャーン」とMacでコードを鳴らしながらいろいろ試していた。

新幹線が京都に着く。コード変える作業に没頭していたので、進捗が遅れ気味。ちょっとペース上げていかな、と思っていたとき。隣に座っていた男性から声をかけられた。

隣の人:「すみません。音がちょっと。。。」

音もれてたんか。。。しまった。。。そういえば途中聞こえにくくて音量上げたりした。

僕:「すみません!うるさかったですか。音小さく・・・」

ささってなかった。。。イヤフォンジャックが。。。iPhoneにささってた。。。

僕:「あの、本当にすみませんでした!!」

全力で謝った。Macの内蔵スピーカーから新幹線の車内へそのままお届けしていたのだ。しかもお届けしていたのは曲ではなく、「ジャーン、ジャーン」という、よくわからないピアノの和音。

それがひたすら繰り返されていた。「音がちょっと。。。」とかそんなレベルではない。

隣の人のみならず、車両の人の大半が聞こえていたのではないのか。。。自分では小さく聞こえるはずだ。イヤフォンと思っていたそれは、ただの耳栓になっていたのだから。

(ほんとうに、本当にすみませんでした!!)と隣の人だけでなく、近隣の人にも心の中で謝った。

いつからだろう?新大阪を出てすぐ、このコードでもいいかなとiPhoneメロディを確認した。そのあとMacで作業を始めた。なので、多分新大阪出てすぐにこの状態になっていたと思われる。

てか、隣の人は京都まで耐えてくれたのか。15分くらいあったはずだ。

15分間、わけのわからない「ジャーン、ジャーン」という和音に耐えてくださったのか。それを思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。それ以降は作業する気になれず、

「ごめん、今日中に音源送るって言うてたけど、週末になりそうです。」

そうボーカルの子にLINEし、Macを鞄へしまった。近隣に座ってらっしゃったみなさま、新大阪から京都までの15分間。わけのわからない音をお届してしまい申し訳ございませんでした。

「あいつ、何してんねん?」

と思われたみなさま、ピアノでコードの音源を作っておりました。本当にすみませんでした。次からは、新幹線ではiPhoneの音源はMacに送って、Macのみで作業するようにします!!二度と同じ過ちを犯さないようにしよう。隣で15分間耐えてくださった方をもう一度見て、強くそう誓った。

おわりに

2年くらい前の話です。ほんとに申し訳なかった。。。結局、伴奏は僕が作成したピアノ伴奏をもとにして、バンドメンバーのキーボードの子がイントロなどをつけてくれて完成しました。披露宴本番、ボーカルの子が歌ったオリジナルソングは大盛況だったようです。新幹線で多大な迷惑をかけてしまいましたが、少しでも力になれてよかったです。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする